患者さんに信頼される薬剤師になる為には

“患者さんの不安のケア”薬剤師にできる事は?

患者さんが服薬に関してなど

不安に思っている事にどれだけ気づけるかは

服薬指導の薬剤師の腕に罹っているのです。

 

服薬に関する患者さんの不安とは

○薬を飲む行為自体に不安を感じている

薬剤師は患者さんの服薬は当たり前という思考なので

患者さんが薬を飲むこと自体に

抵抗を感じている事に中々気づく事ができません。

 

しかし、患者さん自体は薬局に初めて来た時は

病気に罹患したばかりで、自分が病気になった事を

患者さん自身がしっかり受け入れられていない状況で

薬を処方される事が多く、その事が原因で不安が強くなります。

 

特に、インスリン注射薬や吸入剤などの

経口剤以外の薬が処方には注意が必要となります。

 

薬剤の不安に更に、「ちゃんと使用する事ができるのか」という不安もあります。

表面的には落ち着いているように見える患者さんであっても

内心は心穏やかではないこともあるのです。

 

処方薬の説明をしていても何か理解されているのか

手ごたえが感じられない様子なら

「このようなお薬は初めて使用されますか?」

「このようなお薬は不安になられる患者さんは沢山おられますよ」など

薬剤師は患者さんの不安をまず受け入れる言葉をかけてあげてください。

 

そして副作用は患者さんが1番不安となり気がかりな部分でもあります。

処方された薬を飲むと、具体的にどのように体調が悪くなるのか?

アレルギー体質でも飲める薬なのかなど

患者さんは質問してこなくても不安に感じられている事が多いです。

 

患者さんから副作用が怖いとおっしゃられたら

「なぜ怖いと感じるのか」を聞きだして

不安要素に沿った説明をします。

 

薬剤師の服薬指導や態度が原因で不安になる

薬剤師の服薬指導が原因で

不安になってしまう患者さんもおられます。

 

無駄な発言は、出来る限り言わないように

注意している薬剤師が多いですが

服薬指導時の言葉よりも調剤時

薬剤師の態度などに不安を感じている患者さんが多いです。

 

最も患者さんが不安になる光景は

薬剤師が慌てている時です。

「医師の処方に不明点があって疑義照会している」

「薬の在庫不足」など

調剤室内で薬剤師が慌てる姿が見えると

何かおかしい薬なのかと患者さんの不安は増していきます。

 

調剤室で薬剤師同士が調剤に関して相談したり

話しあっていると、患者さん側から見れば不快感を抱く原因となります。

 

薬剤師は患者さんに無駄な不安を抱かせないように

常に見られているという意識を持って仕事をする事が重要です。

 

薬剤師からの積極的な情報提供を行う

薬剤師が患者さんから薬に関して

相談してもらえない状況とは、薬剤師が

患者さんに薬についての相談相手と認識されていないということです。

 

患者さんに相談してもらえる薬剤師になるための方法が

薬剤師からの積極的な情報提供”です。

薬、サプリメントに関連する健康情報を収集し

患者さん向けにチラシを作って服薬指導の時に

一緒に患者さんに渡している薬局は多いです。

 

ある薬局では、チラシに患者さんからの

Q&Aコーナーを作成しています。

チラシの質問と同じ疑問や不安を感じても

薬剤師に相談する患者さんはほんのごく一部です。

 

多くの患者さんが感じている疑問に対しての

回答をチラシに記載する事によって

不安を感じていた患者さんの不安を解消することができます。

また、薬に関して心配や不安があれば

この薬局の薬剤師に聞いてみようかなという意識が出来上がるのです。

 

なにげなくつけていたテレビの特集などでの疑問で

「グレープフルーツのジュースとワーファリンを

一緒に飲んで死亡した人が実際にいるの?」などといった疑問に関しても

テレビの組み合わせで危険な相互作用をが起こった事例はない事と

質問された内容と同じような不安を抱いている患者さんは

他にもいるはずなので、グレープフルーツジュースと相互作用を起こす

可能性のある薬剤のリストをチラシで紹介するなど情報提供を行いました。

 

このように、薬剤師側から積極的に患者さんが

不安と感じそうな内容の情報提供をする事で

患者さんも聞きやすい環境となりそれ以降は

チラシを読んでいた患者さんから質問が沢山あり

患者さんの不安や心配を軽減する事ができるようになったのです。

薬剤師 給料

薬剤師の仕事の内容を知らせて薬に関する質問をしやすくする

患者さんが市販薬を買う時、複数の薬品の中から

薬剤師に相談して購入する薬品を決めます。

一方、処方箋の場合、医師が出した処方箋通りの薬を

患者さんに渡すだけです。調剤中心の薬局は

薬剤師が薬の相談相手として認識しづらいかもしれません。

 

特に高齢者の場合は、

すべて医師にお任せする

と考えていることがほとんどです。

処方内容に疑問を感じていても、薬局ではなかなか相談をしようとしません。

そこで、高齢者に向けて「薬剤師のお仕事」というパンフレットを作り

一人一人、手渡しました。それからは、薬剤師は気兼ねなく

薬や健康のことを相談できる相手ということで

気軽に相談をしてくる患者さんが多くなりました。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ