医師に選ばれる薬剤師になるためには

医師に選ばれる信頼してもらえる薬剤師に

医師に選ばれる薬剤師になるために意識すべきポイントとは

薬剤師の仕事をこなすには

医師との連携が必要不可欠となります。

医師やその補助となる看護師に信頼され

必要とされる薬剤師になることができれば

調剤や疑義照会などの業務が

よりスムーズに行う事が出来るようになります。

医師に選んでもらえる薬剤師”を目指すため

意識すべきポイントをしっかり押さえておくべきなのです。

 

医師と薬剤師の関係で対等に話せるようになる為の勉学

薬剤師の役割は薬のプロフェッショナルとして

医師による患者の治療を補う役割となります。

スキルの高い専門職としての知識を勉強し自分のものにしましょう。

まずは薬の知識に関しては医師から

相談を持ちかけられるくらいのレベルを目指すこと。

 

また、医師が薬剤師に求める薬の情報をリサーチする目的として

薬剤師の視点からではなく、医師の視点から

薬について学ぶ機会を増やすことも重要です。

医師の視点を学んだり情報を得る機会は沢山ありますが

中でも自分が関わりのある身近な医師が集まるような

医師会主催の研修会で、話題となっている情報を学んでおくと役に立ちます。

 

研修会への参加の仕方は、所属する薬剤師会を通して

参加を申請する事が可能です。

ときには、医師会のほうから薬剤師会に

研修会の案内が届く場合もあります。

 

自身が興味があったり学びたいと思っている

研修会に参加したい場合は、交流のある医師に直接相談する事も良いです。

 

特定の薬に関する知識をより深めたい薬剤師は

製薬会社など企業が主催する研修会に参加してください。

特に新薬の説明会などは、最先端の知識が

必要となる薬剤師としての価値を高める絶好の機会です。

医師に様々な情報提供を行えるように

薬剤師としての専門性の高い知識を収集しておくべきです。

 

製薬会の新薬宣伝用のパンフレットや

詳細が記載されている資料も熟読をお勧めします。

MS(医薬品卸販売担当)MR(医薬情報担当)

薬局を訪問してきた際は興味のある薬の

パンフレット、資料をもらって自身でも勉強してください。

 

仕事が多忙でなかなか研修に参加する事が困難な場合は

インターネットなどでのサイトでの情報収集が良いです。

 

製薬会社が記載しているインターネット上の情報は

医療関係者向けにまとめたものとなっています。

新薬などについて医師と対等に話をするために

知識と資料をしっかり集めておくのがポイントです。

 

「疑義照会」を活用する!

疑義照会を行っても薬剤師の意見を

理解し受け入れてくれる医師ばかりではありません。

そのため薬剤師にとって疑義照会は

ストレスになりがちな仕事の一つです。

 

しかし、疑義照会は、患者さんを副作用など

様々な薬害から守るためには必要不可欠なものですので

薬剤師が医師に自分の知識や能力をアピールする機会でもあります。

疑義照会を、医師との信頼関係のステップアップとして活用してください。

 

疑義照会は薬のプロフェッショナルとしてのプライドをもつ!

疑義照会は薬害から患者さんの安全を確保する

重要な行為ですが、多忙である医師の手を止めてまで

確認すべき事なのかしっかり判断できる

実力が薬剤師には必要となります。

 

医師の立場から見れば、無用な疑義照会を繰り返されるのは

煩わしいだけであって不快に感じます。

薬剤師が高い知識レベルによる

適切な疑義照会をする事が出来れば

医師から感謝されます。

 

例をあげると、子どもに処方すべき薬の量が

成人量を超える量が指定されていた場合。

日頃子どもを診察していなかったり

処方内容や対象となる患者さんの層によって

医師がミスしやすいパターンも様々あります。

 

医師が薬剤師に求めている事は

こうした処方ミスを適格にチェックできる疑義照会なのです。

そのためには薬剤のプロフェッショナルとして

高い知識も欠かせないのです。

 

また、多忙である医師の顔色をうかがって

必要な疑義照会を避けるなどの行為も大きな問題となります。

薬の専門家である薬剤師がなにか「おかしい」と思い

疑義照会をしたときは、医師が多忙であったり

不快感を示されたとしてもきちんと確認することが必要です。

 

こうした真剣な態度も薬剤師の仕事を医師に

理解してもらうための大切な一歩となるのです。

専門職としてのプライドをもち

医師から信頼され選ばれる薬剤師を目指してください。

薬剤師になる 薬剤師 収入

選ばれるチャンスの場所へ積極的に!

医師から選ばれる薬剤師になるには

日常から医師との交流を積極的に行うことも大切となります。

前述した医師会主催の研修会などへの参加は

医師とのコミュニケーションを深める意味でもとてもメリットがあります。

 

研究分野においても医学会に参加し

研究されている専門家である医師と論議を交わす事により

情報交換が可能となり向上心があり

知識がある薬剤師としてアピールも可能です。

 

外部の研修会にタイミングが合わない場合は

薬剤師が集まる研修会に外部講師として

医師を招くことを提案する事も

交流のチャンスを作る事ができるかもしれません。

研修会で講演の他に医師を囲んで

座談会を開く機会などを作る事で医師の意見を聞くことができます。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ