薬剤師のメリットを紹介

薬剤師免許取得のメリット

薬剤師の資格を取得していれば

調剤薬局、ドラッグストア、病院薬剤師など

様々な働く場所を見つけることができるので

転職や就職先に困る事はないし、一度仕事に就く事ができたら

同じ職場で長く働いていくこともできます。

 

一つの職場で長期に渡り働くことができれば

職場仲間からも患者さんからも

しっかりとした信頼を得る事ができますので

将来は管理薬剤師として

活躍していけるようなこともあります。

 

管理薬剤師になれば役職手当として

お給料なども高くなりますし、更に

患者やお客様からの信頼度はより一層高まります。

 

また、専門薬剤師認定薬剤師など

専門的な知識を高める事によって

大きな病院での勤務なども行えるようになりますので

専門薬剤師や認定薬剤師としての

職務手当てもつくようになりますので

お給料も高くなるというメリットがあります。

 

 

専門薬剤師や認定薬剤師は

働きながらも常に学習が大切になってきますので

薬剤師として常時最新医療の

知識を学んでおくことができますので

薬剤師としての能力アップをすることもできます。

男性薬剤師 調剤薬局 派遣

薬剤師という職種は転職する際にも

非常に幅が広い分野で活躍する事ができます。

治験コーディネーターや製薬会社に勤務しながら

新たな新薬の開発に携わることも可能です。

 

女性の場合ですと、化粧品の開発などに関わる事もできます。

男女関係なく製薬会社で働きながら新薬の売り込みをするという

営業”としても活躍できます。

 

調剤薬局での勤務は、特に患者様個々に合わせた

処方などを行なっていくことになるので

患者様とのコミニケーションをとる事が非常に多く

充実する毎日を送る事ができます。

 

次に病院薬剤師での仕事は他の医療従事者(医師や看護師)と

チームやタッグを組みながら患者様の治療に携わる事ができますので

患者様に心から感謝されたり、信頼されたりする事が非常に多いので

経験を重ねながらキャリアアップを目指していくことが可能です。

 

薬剤師の仕事に就く事のメリットというのは

非常に沢山ありますので、他の職業と比較すると

就職がしやすく更に長い目で仕事ができる職場です。

 

また、医療現場は常に最新のものを知っておかなくてはいけませんので

向上心を忘れずに日々学んでいくことができるので

仕事に関してはいい加減な面が出てしまうことがなく

責任感をもって仕事をこなすことができます。

 

新薬の開発などに携わっているような仕事であれば

自分が携わった薬品が世の中に普及していく

ということを実感することができ

とても遣り甲斐を感じる事ができますので

非常に大きなメリットだといえます。

 

社会人は誰もが1年生です。

新米の薬剤師として働いていくためには

色々な心得が必要になってきます。

 

1年目の薬剤師は薬に関しての

情報や知識を覚える事よりも

自分の力でしっかりと患者さんとの

コミュニケーション能力を高めていくということが1番重要っとなります。

 

働いている職場の中での人間関係では

“新米薬剤師”

ということが通用する事もありますが

薬を処方している患者さんには

自分がまだ未熟な事は全く関係ありません。

ですから、新米薬剤師に対しても

患者さんはしっかりと信頼を寄せてくれるのです。

 

そういった頼りにしてくれる患者さんに対して

薬剤師が不安な気持ちのまま接してしまっては

患者さんにも自然と不安が伝わってしまいますので

できる限り患者さんの立場に立ち寄り添う気持ちで

病状や薬の効果などを丁寧に聞いて

アドバイスできるようにするということが重要です。

 

1年目の新米薬剤師は、覚えるべき仕事が山積みで大変です。

精神的な余裕もなくなってしまう事も多いですが

様々なことを一気に頭に押し込むのではなく

少しずつ自分の中で順序だてて覚えていくようにすると良いです。

 

そして働くことばかりに集中してしまうのではなく

来られた患者さんの特徴などを

しっかり覚えておくことも重要ですし

門前薬局などの場合では

患者さんを待たせる時間が長くなる事が多いので

そういった時に患者さんに対し

いたわりの言葉を一言かけるといったような

気遣いや気配りも非常に必要になってきます。

 

 

覚える事が沢山あって仕事にばかり専念してしまうと

患者さんと接することに対しての余裕がなくなってしまいます。

無表情で愛想なく薬の説明を

したりしてしまうことがあるかもしれませんが

できるだけ患者さんと接する時は

笑顔で接することを心がけて

患者さんが少しでも薬に対しての

不安感をなくすことができますので

もし患者さんが薬に対しての

質問や疑問などがあったらとても聞きやすい状態になります。

 

そういった雰囲気を作ってあげるというのも

薬剤師としての役割となりますので

1年目の新米薬剤師であっても

患者さんに対しての笑顔は忘れないようにしてください。

 

 

沢山の事を覚えていかないといけない1年目薬剤師は

毎日がとても忙しくハードに感じられるし

精神的にストレスを感じる事もあります。

そのように少し思いつめたり悩んだ時は

インターネットなどの薬剤師同士の

相談ができるような掲示板やコミュニティを見つけて

様々な薬剤師の経験談を参考にしていくことも大切な心得です。

 

同じような悩みを持っていて

解決した人の話を聞くという事は

自分にとっての活力ややる気に繋がっていくのです。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ