調剤薬局におけるコミュニケーションの変化

最初は調剤薬局の薬剤師を取りまく状態の変化を確認してみましょう。

いよいよ超高齢社会に入った時代です、国の医療費削減施策により、セルフメディケーションが促進されるようになりました。

これまでの調剤を軸に謳っていた門前薬局では、充分な人数の患者さんと処方箋を確実にできなくなっていくことが想定されています。

要するに、「地域のかかりつけ薬局」への変換が追求されているのです。

それに伴って、薬局薬剤師も「かかりつけ薬剤師」へと変貌していかなければならないのです。

そして、これからは患者さんだけに停滞しないで、スタッフ同士のコミュニケーションもこれまで以上に貴重になってきます。

どうしてかと言うと、プライマリケアを担っていく薬局につきましては、患者さんたちの情報がより一層基調になり、いかに重要な薬剤師間で分け合えるかが貴重になってくるからです。

情報提供がなされなかったり、伝達漏れが発生することは絶対に許されることではないのです。

また、時代の変わり方とともに、薬局に訪問する方々の目的も様々になってくるでしょう。

処方箋を交えて薬をもらいにくる人、健康相談を受けにくる方、薬のチョイス方を訪問に来る人などたくさんいらっしゃいます。

一人でもたくさんの患者さんから「ここの薬局の薬剤師さんは自分にピッタリの薬のことをよく理解しておられているから、手軽に相談しに訪問できる」と評判がもらえるように、薬局薬剤師は、接遇スキルそのものを考え直す時が近づいています。

例に挙げると、患者さんの状態を確実に最終までヒアリングを行ったり、患者さんがトークている間も相ずちやオウム返し、笑顔などによって会話のしやすさをあげたりなどの、具体的な考えを用意することになるでしょう。

 

病棟調剤業務におけるコミュニケーションの変化

 

昨今、薬剤師の病棟常駐が頻繁に実行されるようになりました。

病院の病棟において患者さんとどういった具合でコミュニケーションをとるかということは、やはり貴重な課題となっているのです。

患者さんに触診を実行したり、患者さんを観察したりするフィジカルアセスメントが実践され始めた時から、これから薬剤師はカウンセリング力を存分に特訓していかなければなりません。

薬は効果があるのか、副作用は出ていないか、言いにくい不安や悩みを持ち合わせていないか、など、会話ではない対話が必要とされるのです。

薬剤師にとってのコミュニケーション能力の必要さは計りしれたものではないのです。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ