薬剤師の長期休暇

薬剤師の仕事で長期休暇を取得できる可能性は!?

薬剤師という職種で長期休暇をとる事ができるかどうかは

どのような職種で、会社の福利厚生の制度によって変わってきます。

 

例えば、自分の代わりに出社する事ができる人材が

いるような規模の大きい大手会社や

休暇制度がしっかり整った会社であれば

長期休暇を取得できる可能性は高いですが

実際にはやはり厳しいという現状です。

 

どのような職種の薬剤師が長期休暇を取得できる?

大手製薬会社

長期休暇をとれる可能性が高い職業は

やはり規模の大きい大手製薬企業です。

大手は社員の福利厚生

休暇制度がしっかりしていますし

尚且つ人材が沢山確保されている場合が多いので

代わりに出社できる社員がいる事が多く

長期休暇をとれる可能性が高いです。

 

ですが忙しい時期などは、それだけ人材資源や

休暇制度がきちんと整っていてる会社でも

長期にわたる休暇の取得は困難となります。

 

例えば、

CRO(製薬会社が医薬品開発の為に行う治験業務(臨床開発)を受託、代行する企業)

SMO(治験実施医療機関から委託を受け、医療機関の治験業務の支援をする機関)

で勤務していると、新薬などの治験が始まってしまうと

治験をスケジュール通り進めないと

予定している日時に新薬の申請がおりません。

 

新薬を他の企業に提供するなどの

契約を交わしていればそれは契約違反となりますし

違反になれば膨大な違約金を払う事になります。

 

そのような重要な時期に休みを取得しようとする事は

たとえ休暇をもらえたとしても

自身の社会的信用が失われる結果となります。

 

研究開発の部署では、やはり期限があったり

ノルマもあるので、自分の好き勝手なタイミングで

長期休暇を取得するのは困難となります。

 

病院薬剤師になると

患者さんがどのような状態で

いつ運ばれてくるかといった

予想ができない職種ですし

予定をたてて仕事をする事が少ないので

自分の仕事の役割をカバーできる

人材が在籍していれば案外

長期休暇はとりやすいです。

しかし、病院は基本的には多忙な職場であるので

休暇申請を自らしづらい環境の職場が多いです。

 

調剤薬局の薬剤師

働いている店舗の規模によっては

長期休暇を簡単に取得できる所と

事実上不可能な職場があります。

 

都市などの薬剤師に人気のある職場であれば

長期休暇中に代わりに一時的にパートを雇ったり

チェーン店などは他の店舗からヘルプを呼ぶなどの

対処が可能な為、長期休暇がとりやすい傾向です。

 

しかし、田舎や途方は近隣にヘルプの呼べる店舗がなかったり

元々最低限の人員で動いている場合が多く

さほどの理由がない限り

3日以上の休暇は不可能な職場もあります。

 

中でも特に調剤薬局は、配属している店舗先によって

休暇取得は変化するので要注意して仕事を選んでください。

薬剤師 病院 派遣

長期休暇をとる事はやはり不可能?!

長期休暇を取ること自体はまったく不可能ではありません。

しかし、実際に働いてる薬剤師は

あまり長期休暇を取得していない人が

圧倒的に多いのが事実です。

 

その理由は、仕事内容は薬剤師に限らず

社会人として会社で仕事をしていると

週休などで決まった休みをもらっているので

さらにプラスで休暇をとるのは人として気が引けるものです。

さらに長期休暇取得となると、言い出す事も遠慮してしまいます。

 

会社を休む事は、学校を休むのとは違って

休暇取得中は、職場の同僚に

自分仕事の負担がかかる事を自覚しているからです。

長期休暇を取得したいときは

公に規定されている休みを挟む事

5日くらいの長期休暇を取る方法をお勧めします。

規定の休日を挟む事により

事実上は2、3日間の休みで済みます。

 

有休を連続で5日間取得するより職場の同僚に

迷惑をかける事も少なくなりますし頼みやくなります。

罪悪感などの申し訳ない気持ちも少なく、申請もしやすくなります。

 

しかし、海外旅行などの計画で

休暇を2から3週間取得しようと考えているとなると

さすがに職場の同僚にも大きな負担をかけることになります。

そうなりますと同僚からの反感は避けれませんし

職場の空気なども考えて上司も認めづらい結果となります。

 

この状況がパートなどの職業形態なら

まだ許されるかもしれませんが

正社員となればなおさら困難な休暇申請です。

正社員の薬剤師である程度キャリアがあって

責任のある仕事を任されている場合などは

その仕事を引き継ぐ事のできる薬剤師がいなければ

長期休暇を取得できる可能性はかなり低いと考えてください。

 

旅行計画などで、ある程度先に予定が決定しているなら

事前に仕事の同僚にその旨を伝え

上司も含め職場の同僚に理解してもらっていれば

休暇後も仕事を気持ちよく続ける事ができるので

理解を得る事はとても重要です。

 

しかし、長期休暇をうまく取る方法を把握していても

勤務する会社がそもそも

長期休暇を取る制度自体ない職場であれば全く意味がありません。

 

薬剤師転職サイトなどを活用して

しっかり休暇や福利厚生について調べる事が大切です。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ