薬剤師の在宅医療の役割

薬剤師の在宅業務ありの求人の注意点

薬剤師の求人で調剤薬局から

在宅業務あり】

という内容の募集が最近多くあります。

 

在宅業務とは薬剤師が各地域の

患者さんや高齢者施設を直接訪問しながら

服薬指導や薬剤管理などを行なう仕事内容です。

 

在宅業務は近年、高齢化社会とともに

需要が伸び続けており

薬剤師の仕事としてこれから

新たな分野の仕事として注目されている仕事です。

 

薬剤師、在宅業務の仕事内容は?

薬剤師の在宅業務の内容は

まだ一般には広く知られていない仕事です。

具体的な内容を説明します。

 

医薬品の調剤と患者さんへお届け

薬剤師の業務は、医師の処方箋に基づいて

患者さんの体調や状態に合わせて調剤を行う事です。

そしてその薬を、患者さんの

自宅や地域の高齢者施設

介護施設など各場所の依頼者のもとにお届けします。

 

医薬品管理と服薬指導

患者さんのもとに薬を届け

安全で安心して服用してもらえるよう

お届けした薬の飲み方のアドバイスを行ったり

薬の効果や副作用などについて丁寧に説明します。

それに合わせて患者さんの残薬の確認や

整理を行ったり、しっかり薬が飲めているか

服用状況の確認などを行なうのも

業務のひとつとなっています。

 

患者からの悩みや相談に対応する

患者さんやそのご家族から

薬に関しての相談があった場合には

薬剤師の立場から質問に答えたり

心配を解消したり、服薬に関しての改善策などを提案します。

 

医師、ケアマネジャーとの連携を行う

患者さんを担当している他の医療従事者である

医師やケアマネジャーなどと密に情報を共有し

連携を取って仕事を行います。

薬剤師の立場から患者さんの担当医に対して

最適な処方の提案を行ったり

ケアマネジャーに対して

薬剤についてのアドバイスを行なったりします。

薬剤師 病院 年収

在宅薬剤師は単に患者さんに

薬を届けるだけの仕事ではなく

色々な役割を担う仕事です。

在宅業務の大変な点を紹介します

 

1.服薬指導や薬剤管理が困難

在宅の患者さんも様々で

「説明など面倒な事は聞きたくない」

と言って、服薬の指導や薬剤管理を拒否される方もおられます。

在宅医療の患者さんは

高齢者が多いことが関係しています。

お年寄りが多い事から

コミュニケーションが取りにくかったり

必要な説明や指導も聞いてくれない患者さんに

薬の飲み合わせの危険や副作用に関して

説明をするには大変な根気が必要となります。

 

2.未経験の業務が多く不安になる

在宅業務の薬剤師の業務の中には

患者さんのバイタルチェック

医療機器の使用など

今まで経験したことのない業務を行う事もあります。

 

ときには鎮痛剤の麻薬や

注射薬を扱わなければならない事もあり

不安感が大きいと感じる薬剤師も多いです。

 

3.患者のプライベートに踏み込む大変さ

患者さんの自宅を訪れ

生活されている場に入るという意味では

プライベートに踏みむ事になり大変さがあります。

介護する家族、介護施設での人材不足など

現実に目の当たりになり

終末医療に関わっる事により

精神的なストレスを感じる薬剤師もいます。

 

在宅業務は、患者さんやそのご家族と

直接触れ合う大変さや責任の大きさもあります。

しかし、薬局まで自分で行くことができない患者さんや

家族から感謝していただいたり

医師や看護師など連携しチーム医療の一員として

患者さんをサポートするやりがいを感じられる仕事であります。

 

求人の在宅あり業務への応募や注意点

適性が問われる在宅業務

在宅業務経験のある薬剤師の経験談では

在宅業務は向き不向きがあるようです。

どのような仕事であっても

適正というものはありますが

特に顕著なのが在宅業務といえます。

 

生活の場を訪問し

体調不良や病気で苦しんでいる

患者さんやそのご家族と接する仕事をするには

薬剤師としての高い知識やスキルだけではなく

その仕事に対し適性が求められます。

求人に応募する前に

本当に自分に向いている仕事なのか

やっていけるのかをもう一度考える事が大切です。

 

求人件数最多は調剤薬局

薬剤師の正社員、在宅業務がある求人で

最も求人件数が多い調剤薬局です。

求人件数における在宅業務の割合は

《調剤併設DS》に次いで2番目になりますが

求人件数自体が圧倒的に多いことにより

在宅業務がある求人先を探すなら

調剤薬局がねらい目となります。

 

調剤併設DSの求人は2番目に多い

正社員の仕事の全求人数のうちの

在宅業務がる求人割合が最も高いのが

《調剤併設DS》です。

高齢化社会や介護報酬改定などの影響もあって

調剤併設DSからの在宅業務のある求人は

今後さらに増加が予測されますが

現状は、調剤薬局よりも少ない状況です。

その他の求人先では在宅業務のある職場はほとんどありません。

 

OTC販売のドラッグストア求人も

在宅業務が完全にゼロないわけではありませんが

調剤併設型と比べると件数、割合ともに低い状態です。

更に病院や企業の求人件数はかなり少なくなっており

今現在では求人先探しはむずかしいです。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ