病院薬剤師の志望動機と自己PR

どう書く?!病院薬剤師の志望動機

倍率の高い病院薬剤師の求人

採用を勝ち取るには

まずは採用する側のニーズに

適していなければなりません。

 

 

採用側に自分がいかに

病院に貢献出来る必要のある

人材だと感じさせるアピールする必要があります。

求人応募の時点から採用されるまでの間に

幾つかの自分を売り込むポイントがありますが

その中で1番重要といっても過言ではない

アピール出来るポイントは志望動機です。

 

応募書類の中の履歴書

直接採用側と接する面接においても

採用側が必ず質問を行うポイントですし

採用側が必ず確認したいのが志望動機だからです。

履歴書には必ず志望動機の記入欄がありますので

書かない事はないと思いますが

必ず記入してください。

もちろん志望動機の記入欄は

少ない文字数で空欄にならないように注意してください。

志望動機に空欄ができないように

全て埋めれるような文章を作成してください。

そして文章の内容もとても大切となってきます。

 

これは、自分が希望する病院へ

貢献出来るアピール点や

病院側の経営理念に自分は共感している

といった文面である事がとても重要です。

病院側の経営理念に共感するためには

まず応募先の病院について良く調べる事が1番の近道です。

近年は各病院でホームページを開設していて

事業内容、診療方針や理念などを

ホームページに記載しています。

その他は、パンフレットなどで

病院案内を配布している病院がほとんどです。

 

そのような資料を集めて

病院の理念や事業内容をしっかり把握しておきましょう。

その他、仲介の求人サイトにも相談しながら

病院の経営方針や一般に公開されていないような

将来の病院のビジョンなどもあれば聞きとる事が大切です。

採用側の病院の意向など病院の事を熟知している

キャリアコンサルタントに、アドバイスをもらう事で

志望動機の完成度を高める事も良いです。

 

履歴書に記入した志望動機は

面接の時にも必ず質問されますので

記入した同じ内容を面接官に伝えます。

人前で話す事が苦手な人は

事前に面接練習も忘れずに行ってください。

採用側に何か印象に残るキャッチコピー

インパクトのある言葉を文章に混じらせるとより効果的です。

 

採用側の病院の方針に賛同、教官し

その中で自分はどのように

貢献出来るのか具体的に伝えると良いです。

的確であって更に完成度の高い志望動機は

薬剤師の姿勢そのものであって良い印象を与える事ができます。

採用側が

“この人なら貢献してくれるだろう”

と感じ、期待感をもってもらえる内容にしてください。

病院側に最大限の経緯と共感、賛同し

自分の意志であり貢献したいという点を記載する事が大事です。

 

薬剤師の仕事内容は、とても専門職で

人命に関わる大変責任のある仕事ですので

他の医療従事者や組織に協調しながら専門的な主体性を持つ事も大切です。

薬剤師 パート 時給

病院薬剤師の自己PR

薬剤師としての仕事の中で

病院薬剤師はドラッグストア、調剤勤務より

ハードで厳しいですが、 最新の薬剤や

治療法を学び自分の知識を高める事ができ

社会的にも認知度が高いので

就職や転職の倍率がかなり高い職種です。

 

それ故に、自己PR欄を最大限に活用して

病院薬剤師を目指す人がとても多く見られます。

これまでの職務経験や自分の性格などを伝えながら

薬剤師の仕事に対する

真面目な姿勢を伝えるのが自己PR欄となります。

 

具体的な例をあげますと、ドラッグストアから転職する場合は

働いていた店での売り上げ実績

達成率など具体的に数字で表す事が大切です。

抽象的なものは通用しません。

他には、土日の出勤や残業など

数多くこなしている方が多いですので

ハードな勤務もこなす事ができる事をアピールする事もプラスとなります。

 

調剤薬局から転職する場合では

具体的な経験した内容を伝えるために

1日あたりの平均処方枚数

処方箋受付診療科目などを記入すると良いです。

 

MRからの転職する場合も

売り上げ実績や自身の

達成率などを数字で伝えてください。

営業職は、数字で伝える事により

具体的な経験が採用側に伝える事ができます。

 

どのような職場から転職するにしても

共通している事は、病院側の必要な人材などを把握して

病院が望んでいる能力に絞って記入する内容を考えることが大切です。

もちろん虚言は絶対NGです。

あとで自分が苦しむような表現も避けましょう。

「MRは医師相手なので疲れていた」

「調剤薬局の人間関係が苦手でした」

「ドラッグストアは残業が多いので疲れます」

など前職に対してマイナスな事を記入するのではなく

なぜ自分は病院薬剤師として働きたいのか。

「直接患者と接しながら服薬指導を行いたい」

「調剤の経験を積み知識をつけたい。他の資格も取りたい」

など、 向上心のある前向きな内容を記入し自分をPRしてください。

 

また、病院薬剤師は患者さんと

直接接する機会が大変多いので

顔写真などの印象を重視し

そこから全体の人物像を考える採用担当者も多いです。

履歴書は1枚の紙きれではありますが

転職を成功されるには、とても重要なものです。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ