プライマリケア薬剤師の役割

その医療の入口の応対を実行します。

また、医療の出口の担当とは、これまで調剤薬局で実行してきた業務のように、医師による診療を経験して、薬局に処方箋を持ってやってくる患者さんに関連し、服薬連絡などを介して医療の最後に声をかける担当です。

 

地域住民の健康管理

 

プライマリ・ケア薬剤師は、地域へと積極的に出張し、地域住民の健康管理や、食事・運動に関連する指導、医療や福祉に関連する相談なども実行できるトータル・ヘルスケア・コーディネーターの役割を担当します。

生活習慣病の初期の状態での予防が警告されている状況に対して、医薬品というよりは、食事・運動にまつわる指導が主流になってきます。

また、ここでは、地域コミュニティや学校での禁煙や薬物乱用禁止の呼びかけなどの運動も入っています。

 

在宅におけるチーム医療の一員

 

プライマリ・ケア薬剤師は、地域のなかで飛躍するという意味では、在宅を一緒にするケースが存在します。

この在宅でプライマリ・ケア薬剤師が追求されるには、患者さんの自宅を訪問する服薬指導を実行して、患者さんの最新の状況を、医師や看護師などのチームのメンバーへフィードバックしたりすることを指します。

チーム医療に関しては、薬剤師は薬の専門家として計画的に服薬や栄養を手助けする役割を担当するのです。

 

従来の調剤・服薬指導

 

今までの調剤業務について、プライマリ・ケア薬剤師としては、出された処方箋からいかに患者を満足させられるかを推測するどうかが追求されます。

例に挙げると、患者さんの値段ニーズに含んだ薬剤のチョイスを提供したり、効果を見ていきながら投与期間の計画を実行していくなどです。

こう言った具合で、身体的なことだけに限らずに、精神的な面での健康も入れていき、幅広く、地域住民一人ひとりに掛け合って、ケアや情報提供を実行していくのがプライマリ・ケア薬剤師の役担当といえます。

OTC医薬品を総合し、これまでサブ的な機関であった、健康管理に関連する栄養サポート全般や、医療・福祉に関連する知識の提供などが、主要なメインとなってくるでしょう。

その状況の変化にともない、薬剤師は、その活躍の箇所も変動していきます。

これまでひとつの薬局で完璧にしてきた仕事の垣根をオーバーして、一人の医療人として、さらには地域医療チームの一環として飛躍することになるでしょう。

プライマリ・ケア薬剤師がたくさんの薬剤師に重要なもの、これまでの領域を越えた広い意味での地域手助けが可能になるというひとつの理論ではないでしょうか。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ