【薬剤師】在宅医療におけるコミュニケーションの変化は?

この変革の現代において、在宅医療もさらなる進展を継続しています。

これからの薬剤師は、チーム医療への参加において、医者や看護師、介護士、ケアマネジャーなどと合理的にコミュニケーションをとりながら進行していく必要が出てくるのです。

薬学的見地からチーム内に声を求めたり、患者さんやその身内に関連する配慮を実行したりと、在宅に関係する薬剤師は様々な人たちとコミュニケーションを図っていくことで、その仕事をはじめて進行することが可能になるのです。

チーム内での情報共有、そして患者さんやその身内に関連するヒアリング力は、今後より一層レベルアップを行っていく必要があるのです。

 

ドラッグストアにおけるコミュニケーションの変化

 

ドラッグストアにおいても同様の事が言えます。

例に挙げると、常設されている調剤薬局がかかりつけ薬局へと転換を求められる事とからも、これまで得意としてきた接客スキルに安住することは不可能です。

これから、さらに地域のなかに侵入していき、調剤薬局の薬剤師と同じように、プライマリケアを担ぐ薬剤師としてコミュニケーションスキルを強化させていかなければならないでしょう。

例に挙げると、薬の購入を求めに来たお客さんに関連して、どんな薬が欲しくて来たのか、どんな状況にあるのか、誰の薬なのかということを一つひとつ慎重にヒアリングし、どれだけお客さんのニーズに寄せることが可能か。

これがドラッグストアの薬剤師が成し遂げる役割のポイントになってくるでしょう。

 

コミュニケーションスキル向上のポイントは?

 

これから薬剤師に必要になってくるコミュニケーションには、でかく区別して2種類あることが理解できます。

ひとつは患者さんや顧客に関連するコミュニケーション。

もう一方は医療関係者同士のコミュニケーションです。

ではこれより、様々なコミュニケーションスキルを向上させる貴重な点を確認してみましょう。

最初は、患者さんやお客様のコミュニケーションの重要点は、「聞き上手」としての役割。

これまで、一時的な服薬指導に明け暮れてきた薬剤師も、これからは患者さんの病気の症状を探り出してそれを解消していくカウンセリング志向へと変換しなければならないのです。

情報を前面に押し付けるのではなく聞き入れること。

それが患者さんとのやり取りについて一番も大きな重要点になってくると言えるでしょう。

薬剤師と言うものは薬関連に留まらずこういったこともあるので案外大変な事ばかりなんですよ。

 

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ