薬剤師になる為に 薬学教育・共用試験について

薬剤師の薬学教育における共用試験について

薬学教育六年制の取り入れは、臨床現場における充実が目的となります。

その為、薬学生全員が実務事前実習を五週間、そののち、臨床現場においては病院や薬局における実務実習をそれぞれ十一週間、合わせて二十二週間行いますが、これは薬剤師国家試験を受験する為の資格の必須条件となります。

薬学生が臨床現場で実務実習を行うにあたって、問題となるのは、薬剤師免許を有していないにも関わらず、薬剤師業務に携わることになるということです。

薬剤師法の規定するところにより、薬剤師免許を有していない場合、販売または授与の目的で調剤することはできません。

この問題を解決する為に、医歯学教育においては既に実施されている”共用試験”の概念が、薬学教育にも導入されたのです。

共用試験は全国共通のもので、”知識及び問題解決能力を評価する”客観的試験と、”態度・技能を評価する”臨床能力試験の二種類があります。

学生は実務事前学習を履修して、この二種の共用試験に合格することができなければ、五年次に行われる病院・薬局での実務実習に参加することができません。

薬剤師における実務実習の意義は、薬剤師として働く為に必要となる知識・スキル、態度を身に付けることです。

また、実際に学生が患者・医療スタッフと接することにより、人として共感し合うことが、医療従事者としての重要なはじめの一歩であると考えられています。

 

大学における薬学の学び方について

新体制となった薬学教育において、多くの薬系大学ではホームページの新調が行われ、シラバスの公開を行う大学も増加してきています。

大学にもよりますが、夏休み頃になると、オープンキャンパスで説明会の企画や、体験入学、高校生講座等を行い、入試説明のみではなく、薬学の新の姿や、魅力を伝えることに努めている大学も少なくありません。

加えて、地域住民に向けた公開講座とうも開催しており、こういった機会を活用することで、実際にキャンパスの雰囲気を知り、また、先輩の意見も聞くことができますから、是非参考にしてください。

四年制、あるいは六年制のどちらに進むケースでも、自分は薬学について学び、将来的には医療従事者になるのだという、モチベーションを高めた上で、入学しましょう。

 

薬科大学選びのポイント

『教育理念』『教育目的』『教育目標』が自分の考え方が合致しているか

『学習環境』『条件』はどうか?

教室や実習室、モデル薬局といった実習施設は充実しているか、実習病院・薬局等の実習施設の所在や講義の内容、国家試験対策等々・・

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ