薬剤師のこれから 薬学教育四年制から六年制に

薬剤師の現場で要求される資質

医療現場に従事する薬剤師としての最も代表的な仕事は「調剤」です。

患者さんが服用することになる医薬品を薬学のプロフェッショナルとして取り扱うこととなりますから、慎重かつ正確に実施しなければなりません。

ミスは許されないのです。医薬品の調剤を行うということは、非常に繊細な作業で、また、同じことを繰り返し繰り返し行う作業となります。

その為、集中力・注意力を継続する力も必要とされます。

加えて、一人ひとりの患者さんに合わせて、薬の有効性や服用方法を簡潔明瞭に説明する薬剤管理指導(服薬指導)も重要な仕事の一つです。

服薬指導においては、患者さんとのコミュニケーション能力も重要となります。

 

薬剤師のこれから

薬剤師は医療従事者として専門性の高い知識及びスキル、ないしは患者本位の実践的な言動と、3つのポイントのバランス感覚が必要となります。言い換えるならば、専門的な知識・情報やスキルを基に、前向きに頑張る向上心をもって、言動することが求められているのです。

これまで、薬剤師は、医薬品・医薬品成分の体内における動態についての知識や、あるいは調剤スキルを身に付けることが最も重要な課題であるとされていました。

ですが、医療制度の改変、医薬分業の確立といった薬剤師を取り巻く様々な環境の変化によって、薬剤師はより患者さんに近い立場となり、また、薬剤師として要求される仕事の内容も変化してきているのです。

そして、薬剤師自身も、いつ患者としての立場になるかわかりません。

患者さんの価値観ないし期待をしっかりと把握した上で、患者さんの要望に応えることができるように、自分のキャリア開発を常に積極的に実践するという姿勢が重要です。

自分が大切にしていることは何か、自分が薬剤師としてできることは何か、薬剤師として自分がしたいことは何か等、薬剤師になる以前からの自分自身を振り返って、自分自身をよく識ることで、患者さん等、他社を理解する上での基礎となるのです。

 

薬学教育、四年制から六年制に

2004年、薬剤師の育成を行う薬学教育における課題とされていた修業年限の延長、薬学教育の四年制から六年制への移行が決定し、薬系大学を取り巻く環境は大きく変動することとなりました。

中央教育審議会においては、「薬学教育の改善・充実について」を以て、薬学教育においての修業年限について、六年制と四年制とする新体位性についての答申を行いました。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ