多様化・高度化する医療に柔軟に対応できる薬剤師として

製薬企業等の企業において昇進や出世、あるいは起業して成功すれば年収1000万円を越えることも不可能ではありませんが、薬剤師資格を有しているというだけでは、高収入には繋がりません。

薬剤師として高収入を得る為には、如何に職能を発揮するか、といったことが課題となります。

ですが、薬学教育六年制においてかかる費用を考えた場合、今の薬剤師の給与水準については、医師あるいは歯科医師等の他の医療従事者と比較した場合、決して高いとは言えません。

将来的に薬剤師が専門性の高さと経験を活かして活躍することのできるフィールドが拡がると共に、給与水準も高くなることを期待したいものです。

 

薬剤師としての適正と心構えについて

医療現場における薬剤師について、医療は急激に発展・成長を遂げ、大きく変貌、医療制度の変化についても激しい状況となっています。

その一方で、急速にインターネットが浸透し、公開される情報は大きく膨れ上がりました。

これにより、誰もがとても詳細な医療関連情報を直接得ることが可能となりました。

ですが、これらの情報を正しく判断・理解する為には、専門的な知識がなければなりません。

最も医薬品と密接な関係にある薬剤師は、正しく適切な情報をより正確かつ迅速に伝える義務があります。

医療の一翼を担う薬剤師は、非常に重い責務を負っているのです。

薬学教育の四年制から六年制への移行の実現は、このような医療界における多様化、あるいは高度化の結果と言えるでしょう。

 

薬剤師として求められる適正と心構え

薬剤師は薬に関してのプロフェッショナルとして、あるいは、医療従事者としての倫理観を持ち続けるということは、最も重要な条件となります。

患者さん一人ひとりを、一人の人間として捉え、薬の専門家として常に問題を見つけ、考え、解決するという意欲がなければなりません。

医療人として、高い志と、正確な最新の知識・情報や技能、ないしは社会情勢の変化に柔軟に対応することができる応用力を磨かなければなりません。

加えて、”チーム医療”にあっては、観察力・洞察力や、応用力を磨くことはとても大切です。

そうして、患者さんに対しては、常に謙虚になり、誠意のある対応を心がけることが大切ですが、時には毅然とした態度も必要とされます。

薬学部の在学中に身に付けられることは基本的なことですから、薬剤師として働く上で、継続的に、根気よく勉強し続ける向上心が重要です。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ