病棟薬剤師の業務内容とその責任の重さ

病棟勤務薬剤師における医薬品の管理及び供給

病院内において薬剤師の仕事は多岐に渡ります。

病院では薬は薬剤部にかぎらず、病棟、あるいは手術室等にも配置がなされています。

医薬品の購入・保管及び品質管理、また、各部署への供給及び管理は薬剤師が一切の業務をするところとなります。

加えて、血液を原料とした医薬品に関しては、製造番号・使用した患者さん・投与量等の管理を行うのも薬剤師にとって重要な仕事の一つです。

日本においては、血液を原料とした医薬品により、肝炎ウィルスが感染した薬害事件がありました。

どの患者さんに対してどの血液製剤を用いたのか、また、どれだけの量投与したのか、といった記録の管理は必須です。

 

病棟薬剤師の医療チームの一員としてのカンファレンス

患者さんの治療に際しては、医師や看護師といった他の医療チームの医療従事者がチーム一丸となって取り組みます。

勿論、薬剤師も医療チームの一翼を担っています。

薬剤者は患者さんに最も適切な、有効性・安全性を確保した薬物療法を実施する為に、医療チームにおける医師や看護師といった他の医療従事者と密に連携し、医療チームの一員として、病棟で行われるカンファレンス等に参加しています。

 

病棟薬剤師のその他の仕事

病棟勤務の薬剤師には、TDM(薬物治療モニタリング)と呼ばれる仕事が存在します。

薬物治療モニタリングとは、投与後の薬の動向の監視を行い、処方の設計を行うという業務となります。

痙攣を止める薬や、抗生物質、あるいは臓器移植の際に用いられる免疫抑制剤といった、さじ加減の困難な薬の血中濃度の測定を行い、患者さんにとって最も適切で有効性・安全性の確保された薬物療法を、医師と一緒に組み立てていくのです。

 

薬剤師の背負う責任の重さ

病棟勤務薬剤師として働きはじめて3年目の二宮さんが担当しているのは、呼吸器内科、血液・膠原病内科病棟です。

関わる患者さんは、白血病など、その大半がガンを患ってる患者さんです。

病棟における主な二宮さんの業務は、薬剤管理指導に加えて、病棟内における在庫管理及び注射処方箋の鑑査等を実施しています。

「血液・膠原病内科病棟においては、抗癌剤を取り扱う為のケモ(化学療法)のプロトコールチェックは必要不可欠です。

どのような業務においても、間違いは絶対に許されません。

ですが、特に抗癌剤を取り扱う為のプロトコールチェックについては、抗癌剤の量及び投与間隔等を誤ると大変ですから、プロトコールカードに押す『監査員』に背負う責任の重さを感じます。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ