薬剤師と看護師、薬剤師と栄養士間の連携について

薬剤師と看護師の連携について

現代のチーム医療にあっては、看護師や薬剤師、栄養士や理学療法士、検査技師等の高い専門性をもったプロフェッショナル達が、それぞれのスペシャリストとしての力を発揮することで、医師はこれらスペシャリストたちの意見を取り入れ、最善の治療を行う、『チーム医療』の概念があります。

看護師や薬剤師といった専門職の医療従事者は、医師との連携のみに限らず、専門家同士のコミュニケーションをより密に図ることで、患者さん一人ひとりの情報を詳細に共有し、適切な治療が行える時代となっています。

このような医療従事者の専門家の中でも、特に薬剤師と看護師の連携については、重要性が高いものとなっています。

薬剤師は法令の規定するところにより、患者さんに対しての直接的な看護は禁止されています。

ですから、患者さんに薬を飲ませる、あるいは注射を打つといった行為については、看護師の行うところであり、薬を投与した直後の患者さんの状態を把握することができるのは看護師です。

その為、患者さんに薬が投与される場合、その薬が服用してからどの程度の時間で効き始めるのか、また、副作用としてどのような症状が起こりうるのか、といった情報について、薬剤師は予め看護師に対して説明を行うことにより、看護師が患者さんを看護しやすい体制が築かれています。

また、24時間病棟に勤務している看護師から、薬剤師は患者さんの容体を聞きます。

薬剤師は看護師を通して、服用後、副作用が現れていないか、薬の効果は出ているか、あるいは薬の効き目が強すぎないか、といった情報収集を行い、医師にフィードバックして、薬が適切に用いられるようにします。

 

薬剤師と栄養士の連携について

近年ではNST(栄養サポートチーム)と呼ばれる、栄養的な観点から患者さんのサポートを行う方法が進行しています。

NSTの内容については、手術後の患者さんや、食事を充分に摂取することのできない高齢者を対象としており、食事を摂取することができないからといって、点滴のみの治療を行うのではなく、できるだけ経口摂取を行うことによって、身体を自然な状態に維持する、という考え方となります。

NSTには栄養士は勿論ですが、医師や看護師、薬剤師も参加します。

これ以外にも、糖尿病の患者さんに対して行われる栄養士の食事指導は重要な役割となっています。

薬物治療を行っている場合、その効果に著しい影響を及ぼすことから、薬剤師と栄養士間における情報共有も大切なのです。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ