医療現場におけるチーム医療の一員としての薬剤師

病院・診療所(クリニック)で活躍する薬剤師

病院・診療所(クリニック)内における薬剤師の調剤は、基本的には調剤薬局における調剤とは変わりません。

ただし、病院における調剤では、入院患者における調剤が中心となります。

薬局における調剤では、患者が来局します。

ですが、病院においては、患者のベッドサイドに薬剤師が赴いて薬剤管理指導を実施します。

また、病棟にあっては、医師、看護師や、その他医療従事者と、患者に使われる薬剤について話し合いの場を持ったり、副作用の症状が起こっていないか、といったモニタリング等、薬剤師以外の医療従事者と連携を取り合って業務にあたります。

暴飲では注射薬、点滴を多く取り扱っていますが、注射薬・点滴については内服薬と比較して効果・即効性が強い一方で、その取り扱いには専門的な知識が必要不可欠となります。

近年では注射薬・点滴にについても内服薬と同じように、薬剤師が医師の出した処方箋の内容を確認した上で薬剤を揃え、混合を行う病院が増加しています。

病院・クリニックにおける薬剤師は、医薬品情報を患者に対して提供する一般的な薬剤師の業務に限定されず、医師や看護といった他の医療従事者に対して実施する機会も多くなります。

ですから、薬剤師は日常、薬について正確な最新の情報を勉強し、専門的な知識を習得しなければなりません。

薬剤師の専門性のアップを目的として、各領域において認定薬剤師・専門薬剤師といった制度が確立しつつあります。

 

チーム医療の一員としての薬剤師

医療現場においては、医師や看護師は勿論ですが、薬剤師や栄養士、放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語療法士といった、多くの”コメディカル”と呼ばれる専門家チームが、患者ケアの為に日々働いています。

医療現場ではかつて、医師が頂点の医療となっていました。

薬剤師はどんなに専門的な知識を有していても、自分の主導によって治療を進めることはできませんでした。

また、患者自身も、医師の治療に対して、疑問を持つ、あるいは質問を問いかけるということも困難な時代があったのです。

ですが、現代医療の現場においては、看護は看護師、薬なら薬剤師、食事については栄養士、リハビリなら理学療法士、検査については検査技師、といったように、それぞれのスペシャリストが充分に力を発揮することで、医師はこれら専門家の意見を取り入れながら、最善の治療を行うチームとしての医療、という形式が取られています。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ