登録者販売制度以降、新しい薬剤師としてのあり方

登録者販売制度以降の薬剤師のあり方について

店舗の全国チェーン店化や店舗の大型化の進んだ薬店、ドラッグストアにおいては、一般的には医薬品及びサプリメント、生活雑貨の販売を行う店舗ではありますが、2009年の薬事法改定以降、登録販売者制度が発足したことにより、一般医薬品(OTC)の販売が、薬剤師ではなくとも販売することが可能となりました。

これにより、大きな変化を迎えることとなったのです。

登録販売者制度とは、医薬品の店舗販売業等にあって、第二類、第三類の一般医薬品を販売する際に必要となる資格です。

第一類医薬品については薬剤師でなければ販売することはできませんが、第二類、第三類医薬品については、登録販売者であれば、スーパーやコンビニでも販売することが可能となりました。

登録販売者は、一定期間、医薬品販売業務の経験を積んで、都道府県で行われる試験に合格することで取得することが可能となります。

 

『セルフメディケーション』の観点から見る薬剤師

病院や調剤薬局を訪れる患者さんは健康を害して訪れますが、薬店やドラッグストアに訪れる消費者については、健康維持(管理)を目的として利用することを目的としている場合が大半です。

近年ではセルフメディケーションの認識が広く浸透し、一般用医薬品以外にも、健康食品、あるいはサプリメントについての情報を欲しています。

今後、ドラッグストアにおける薬剤師が消費者の健康にどのように関わっていくのか、更なる期待が寄せられます。

加えて、癒やしブームによって、薬局や薬店・ドラッグストアにおいて、ヒーリング、あるいはリラクゼーションをど移入した店舗も増加しています。

アロマテラピーやサプリメントカウンセリング、カラーセラピーといった独自性のある薬局も都市部において増加傾向にあります。

 

現代における新しい薬剤師としてのあり方

このような薬局においては、薬剤師がサプリメントアドバイザー資格、あるいはアロマテラピストといった資格を取得して、薬に関わる相談のみならず、患者さんを総合的にサポートするという、新しい薬剤師の形として、その専門性を発揮しています。

薬剤法において国民の健康・生活を保護すると記されている通り、このような薬に関わる以外のものに注目したヘルスマネジメントが今、脚光を浴び始めているのです。

そこでの薬剤師としての強みは、健康に関する悩みや強い興味を持った消費者に対して、薬を中心とした、専門性に優れた情報を提供することができるということです。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ