東京オリンピックと薬剤師の関わり

薬剤師のスキル向上が叫ばれる状況のなかで、ビックチャンスの1種類として注目されるこの制度をうまくいかせる為に、スポーツファーマシストが連帯を起こし、声を集結し、力を一つにして解消策を作成していくことが要求されます。

まだまだ行動の現場もあまりなく、問題もたくさんある制度ですが、公式スポーツファーマシスト認定制定は海外においても国内以外に類を見ない、薬剤師によるドーピング禁止の活動です。

教育を一緒にして活動組みを形成し、成功させることで海外に関連して日本の薬剤師のあり方をアピールすることができればと感じます。

薬剤師への苦手意識を克服するには

薬の話題をすることが下手でも、自身の解説で患者さんに役立つことが出来るとうれしいですよね。

私は最初はしゃべるのが苦手な方なので、患者さんとのコミュニケーション、いわゆる服薬指導はとても苦手でした、やっぱり業務を介して自分自身をスキルアップさせたいと考えています。

薬剤師に限定しないで、「お客さんが納得したいのと同様レベルに自身だって納得したい!」と、人とコミュニケーションを取る業務としている人の大事な箇所は心の奥底にそんな欲求が存在すると思います。

ここで、服薬指導への苦手意識を解消するため、私はあることを努力するようになりました。

一体なにを努力したのか。

コミュニケーション?接客マナー?それとも薬品の勉強?どれも各当しません。

サービスの努力を行ったのです。

本当は、サービス(奉仕的な形でのサービスではなく、原型のない商品という事)は研究が進化しており、サービスサイエンスという単語も存在するほどです。

私が在住している茨城県つくばでは、サービスを実験している国の機関が存在したり、筑波大学でサービスサイエンスを実務家向けに公表して講座を行っていたりします。

どちらかといえば経済学や経営学に当てはまるジャンルなので、薬学を勉強してきた私たちにとっては少々おかしな(?)と思う分野なのですが、それでも昔の研究結果を理解しておいて間違いではありません。

まず、サービスという言葉について。

常識的にサービスとは、「あの薬剤師さんはつねにニコニコでサービスがいいですね」とか「ウォーターサーバーはタダです」とか「患者サービスを全面に実行する」のように、状態、おまけ、心理を指して利用されることが大半なのです。

ですがここでいうサービスとは、患者さんに実際に、またはは間接的に成果や経験をもたらす仕事活動のことを意味します。

仕事活動なので、視野の部分範囲がかなり広いです。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ