グローバル化とこれからの薬剤師

TPP、外国人労働者が増えてくるなど、グローバル化が進行する近年において、ヒト・モノ・カネが国境をオーバーして流れていくという話は医療ジャンルも決して例外ではありません。

これらはたくさんの国同士の経済連携協定に制定され実行されているが、経済政策によって医療が影響を発生させてしまうのに変な感覚を感じてしまう人もたくさんいるかもしれません。

ですが、医薬品や医療機器関係分野が世界の大きな産業であり、そして医療サービスに報酬が行われ、医療従事者に給与が与えられている以上は、医療と経済をすっぱり切って考える事は不可能でしょう。

もちろん、一般物流・物販と医薬品・医療機器・医療サービスは同様の事ではありません。

何故かと言うと医療サービスの実態と質は人々のライフスタイルやいのちに直結する世界の確実ニーズであり、公的な問題がでかいからである。

だからそれまで、各国は大きな公費を医療ジャンルに融資し、制限という枠組みのなかでこれを守備してきました。

ですが現在、これまでの事柄が大きく変動してきているのです。

薬剤師のグローバル化

医薬品が国際的に出回って、アクセスが拡散す傍らで有利な専門家の介入と性格な利用がともなっていない状態が存在している。

医薬品は研究発明から発売、利用、そして利用後まで、政府の整理元で管理されているという独特な側面を所持している。

ですが、規制緩和やグローバル化によって、長年守備されてきた安心な体制は崩壊してきている。

経済の活発化や便利性の上昇自体が絶対にダメだというわけではないと感じる。

ですが自由化を進行していくには、それに関連する提供者と利用者双方がちゃんとしたスキルを併用していなければ、絶対に弱者にしわ寄せが来てしまうのです。

その具体例が個人輸入を軸とする医薬品のインターネット上の取引による健康被害です。

ひとりひとりの国際的な取引は各国の監視や法律・制限がしっかり伝達されていない。

誰よりも患者の近くにいる医療専門家である薬剤師はこういった状態と実現を理解し、より安心して必要な医薬品の取り込みができる準備を確立すると一緒に、正確な詳細を使用者に伝達していく責任があると考えます。

また、医療人材に関連してもグローバル化が進行している。

国内でも医学部が国際基準に合意した「日本医学教育認証評価評議会」の発足を目標とすると去年発表されたが、医学教育の構造、仮定およびアウトカム、そし指導向上のプロセスを客観的に採点できるようになれば、国内の医学教育もでかく変動していくリスクがある。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ