管理薬剤師として調剤薬局勤務する鈴木さんの1日のスケジュール

薬剤師の1日 薬局開局から閉店・帰宅するまで

8時55分:毎朝、開局する前に、鈴木さんが中心となり、調剤薬局のスタッフが集合して朝礼を実施しています。

朝礼においては、前日の半生及び当日のスケジュール、会社からスタッフに対しての連絡事項がメーンとなります。

その日の業務内容について、スタッフ全員が一切を把握・共有することにより、業務における失敗の予防をします、また、スタッフ皆で集合して、今日も皆で頑張ろう、と意識することのできる時間は重要です。

薬剤師の1日は忙しい

9時:調剤薬局が開局します。鈴木さんの働いている薬局に隣接する形で整形外科と皮膚科のクリニックがあります。

その為、鈴木さんの調剤薬局では主にこれらクリニックの外来の患者さんが処方箋を持参してきます。外来患者さんへの対応や、持ち込まれた処方箋の調剤、薬の服薬指導が等、忙しい時間となります。

13時:午後の患者さんが途切れる頃になると、その日訪れた患者さん・お客さん一人ひとりの記録をチェックして、薬歴管理簿という記録簿に付けます。

薬歴管理簿とは、処方箋調剤を実施している調剤薬局で一切の患者さんを管理している記録簿です。

薬歴管理簿では、処方内容は勿論のこと、特記事項に加えて、患者さんとその時話した会話の内容や、薬剤師による患者さんに対しての服薬指導の内容も記録として残します。

次回対応する薬剤師への非常に大切な連絡事項となります。

13時半:昼食は交代で食べます。

忙しい日には昼食は14時を過ぎることもあります。

当たり前ですが、患者さんが第一です。患者さんを待たせることなく、薬を渡すことができるように配慮しています。

季節や日によって患者さんの数は異なりますから、忙しい日に私達薬剤師の昼食の時間が遅れるのは当たり前のことです。

14時半:午後の外来患者が来局する時間です。

18時半:隣接するクリニックの外来診察が終わる時間です。このタイミングで、鈴木さんは意志を定期的に訪問しています。

情報・意見を交換することは、患者さんに対しての指導や説明を行う上で有意義となります。

19時:薬局に戻って閉局します。

その後、午後の患者さんの記録を付けます。

患者さんから寄せられた意見や質問から、更に情報を提供することがでそうな場合には調べて、お知らせできるように整えます。

その後は社内グループウェアで社内連絡事項の書き込みを行ったり、社長、あるいは他店舗からの連絡を受けます。

20時:薬局の戸締まりをチェックして帰宅します。

また、これらのスケジュールに加えて、月に2度、会社の薬局長会議に出席、月に3度、薬剤師会の勉強会・会合に参加します。

その場合帰宅する時間は普段より遅くなります。

スクリーンショット 2015-12-28 10.59.24
詳しくはコチラ



sponserdlink

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ