薬剤師の就職や転職、そして派遣などに関しては、どうしても薬局で働く、

というイメージが強くなっています。

 

しかし、薬剤師の求人は、べつに薬局に限っておこなわれているわけではありません。

 

薬剤師が、警察官として働くことが可能です。それは、麻薬取締官です。

 

この麻薬取締官は、麻薬の流通防止のために巡回をして指導などをしたり、

あるいは啓発活動をしたり、といったことが主な仕事になります。

 

この麻薬取締官は、一般の警察官とは違って、

その専門知識を活かした業務のみに従事する警察職員です。

 

そのため、その権限が適用される範囲も狭く、

あくまで、自分の担当する分野の犯罪に限って取り締まることになります。

 

しかし、麻薬が流通・蔓延するのを防止するというのは、

きわめて重要な仕事であることから、この麻薬取締官には強い権限が与えられています。

 

asian doctor medical image

 

その権限のひとつがおとり捜査です。

 

このおとり捜査は、犯罪に協力することを装って、

また、捜査員の身分を隠して犯罪を犯すと思われる者に近づき、

そして、犯罪が実際に行われたところを検挙をする、という操作手法で、

多くの分野では禁止されている捜査方法です。

 

しかし、これが覚せい剤や大麻取り締まりに関しては許容されており、

たとえば麻薬の売人を検挙する目的で、麻薬の売買の事実を確かめるために客を装い、

金を払って麻薬を受け取る事がここで言うおとり捜査になります。

 

このように、非常に大きな権限と責任をもっているのが麻薬取締官なのです。

 

医療麻薬の監督・指導のために病院や薬局等に訪れたり、

薬物乱用防止啓発活動等も行います。

 

この啓発活動や蔓延の防止に関しても、もちろん重要な仕事のひとつです。

 

通常、警察の捜査員は公務員であり、

公務員試験を受験してこれに合格しなければ公務員にはなれません。

 

詳しくいうと、この公務員試験は細かく分類がわかれており、

麻薬取締官になるには国家公務員採用一般職試験に合格しなくてはいけないのです。

 

しかし、薬剤師は、この国家公務員の資格を保持していなくてもなることができます。

 

この場合に与えられるのが「薬学技官」という立場です。

 

この麻薬取締官の薬学技官であれば、公務員の資格がなくても採用試験に応募できるのです。

 

そのため、「昔は警察官に憧れていたけれど、結局は薬剤師になった」という方は、

この麻薬取締官の薬学技官になれば、思わぬ形で夢が叶うかもしれません。

 

ただ、この麻薬取締官は応募の際に年齢制限があり、29歳以下しか応募することができません。

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。