現代日本において、医療現場の労働環境は非常に過酷なものとなっており、

そういった中で医師や看護師の体調不良、

精神面の不安はもはや職業病の域を越えつつあるとすら言われています。
薬剤師もまた、医療の現場に携わる上で大きな悩みやストレスを抱えています。

 

医療現場における薬剤師の主な仕事は、医師の処方に従った調剤のほか、

薬について患者さんの相談に乗るなどといった業務です。

 

そのほか薬歴管理、リスクマネジメント等々神経をすり減らす仕事が多く、

時には疑似照会=薬の処方箋に疑問や問題があると判断した際に

医師に確認を取るといった、精神面に大きな負担のかかる業務を取り行う

場合もあります。

 

薬剤師 資格
こういった仕事の上で起こる負担によってストレスが溜まり、

やる気が著しく低下してしまったり、仕事に対する忌避反応が出てくる

薬剤師なども少なからず存在します。

 

薬剤師の仕事は多忙かつその責任が非常に重いため、

プライベートの時間をうまく確保できずストレスを発散することが

できないなどといった問題も発生しています。

 

加えて、医療現場における薬剤師は医師や看護師と巧みに連携を

取りながら怪我や病気に立ち向かう医療チームの一員といった側面もあります。
ですが病院や調剤薬局においては円滑に人間関係が回らず、

このチームがきちんと機能していないケースも少なくありません。

 

看護師における転職理由の第一位は人間関係によるものとされていますが、

薬剤師もまた職場の人間関係などに悩みやストレスを感じている傾向にあり、

とりわけ薬剤師が少ない総合病院等にあっては一人あたりが

対応しなければならない医師やチームの数が多く、

大きな負担となっているケースも目立ちます。
近年にあっては、病院の経営困難により常駐する薬剤師が削減される

傾向となっていることも関係し、こういった問題は深刻化する一方です。

 

以上のように、薬剤師の仕事・職場は非常にフラストレーションが

溜まる環境となっているにもかかわらず、

それを対策する時間や休みを充分に取れないのが現状です。

 

人間関係にも特に問題がなく、仕事に非常にやりがいを感じる、

といった職場であれば職務が過酷であろうと乗り越えることができるでしょうが、

そうではない場合、そのまま無理やり働き続けていてはいつか身体や心を壊す

原因となってしまいます。

 

このようなことを回避する為にも、喜びや達成感を感じることのできない職場で

働いている場合は悩みやストレスの少ない新しい職場を探すこともひとつの手段でしょう。

 

今は薬剤師を専門とする転職情報サイトなども存在しますので、

それらを有効活用してみるのも良いかもしれませんね。

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。