薬剤師は、世界的に見ても女性が多い職業です。

 

就職や転職などの場面でも、やはり女性が目立つため、男性はこのような場所で、

特に初めて薬剤師として求人情報を探したり、派遣会社に登録しようとした時には、

戸惑うという人も多いかもしれません。

 

このような状況にある薬剤師の世界ですが、しかし女性が多いからといって、

このことは決して、女性に有利で全く働きやすい職場である、

ということを意味するわけではないようです。

 

そんな状況を反映してか、女性の薬剤師の方の中には、アメリカへの留学を目指す、

という方もいます。

 

薬剤師 年収

 

どうしてかといえば、そこにはアメリカと日本の薬剤師をめぐる状況の違いがあります。

 

日本の薬剤師業務は、アメリカと比べるとかなり遅れています。

 

そのために、海外留学して学び、スキルアップを目指したいと考えている人もいるはずです。

 

女性の海外留学は色々と大変ですので、事前に情報を収集しましょう。

 

例えば海外に留学に行った女性の薬剤師の方が戸惑うことの一例として、

生理用品の問題があります。

 

どういうことかといえば、海外の生理用品が、日本人の女性に合わない、

ということは結構多いのです。

 

たとえばサイズが大きすぎる、ということがしばしば起こったり、

そしてその他にもお肌にあわず、かぶれてしまったり、といったことも起こります。

 

そのため、くれぐれも注意することが必要。

 

特に初めて海外に行く、という方は、日本人向けの商品を売っているお店を

探すのにも一苦労かもしれません。

 

荷物に余裕があれば、このように生理用品などのデリケートなものに関しては、

念には念を入れて日本から持っていくとよいでしょう。

 

そして、その他にもこの海外留学に関しては注意しなくてはならない点が多々あります。

 

「女性の薬剤師」というものの扱いの差にも驚く人が多いかもしれません。

 

日本では、男性の薬剤師に比べて女性の薬剤師は多かれ少なかれ、

優遇される場面が多々あるものです。

 

しかし、おうべいではそういった優遇めいたことはまずありません。

 

仕事の場面では、女性も男性も隔てなく扱われるのが欧米という社会です。

 

そのため、今までとの扱いの差に驚く女性の薬剤師も多いことでしょう。

 

一方で、女性であると得をするのは、プライベートの場面です。

 

アジア人の女性を好む欧米の男性はけっこう多いものです。

 

留学中に現地の男性と恋愛をすることもあるかもしれません。

 

しかし、くれぐれもキャリアを棒に振るような選択をしないように気を付けましょう。

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。