薬剤師の方にとって、

主な就職先というのはいったいどのようなところがあるのでしょうか。

 

調べてみると薬剤師は日本に27万人程度いて、そのうち、

半分の人が薬局で働いているようです。

 

薬剤師になるには
薬剤師といえば薬局勤務、というイメージがありますが、

実態としてもやはり薬局は薬剤師の主要な就職先のようです。
ではその他にどういった就職先があるかというと、病院や診療所、

そして企業でMRとして働く、などの選択肢があるようです。

 

その他には、大学で働く、という方法もあります。

 

薬局に限った話では、

一般的には就職難のこの時代でも人手が足りておらず、

特に求人活動に予算などがなかなか割きづらい中小の、

地方にある薬局は採用がうまくいっていない、という傾向があります。
このようなことを反映して、

薬剤師の待遇は地方の薬局や中小の薬局ほどよい、

という傾向もあります。
しかし、大企業の薬局にもメリットは多く、

所属している薬剤師の数が多いぶん、教育ノウハウが蓄積されており、

効率よく効果的に教育を受けることができる、という面もあります。
そのため、スムーズなキャリアアップを望むのであれば、

まずは大企業への就職を目指し、

経験を積んでから地方や中小の薬局に転職する、

という方法が有効であるといえます。
転職サイトや薬剤師専門の派遣会社でも、多くの求人があるこの薬局ですが、

薬剤師がここに就職した場合、いったいどんな仕事があるのでしょうか?

 

医薬分業によって生まれた調剤薬局は、医師の書いた処方箋に基づいて調剤し、

患者さんに薬を提供する、ということを主な使命としています。

 

この調剤薬局ではこの調剤そのものの他に、

提供するその薬についてわかりやすく患者さんに説明する、

ということも仕事のひとつです。
そんな調剤薬局で薬剤師に求められる役割は、間違いなく適切な調剤をする、

というのももちろんですが、その他に処方箋の不備を調べたり、

保険番号のチェック、重複投薬がないかどうかのチェック、などがあります。
また、その他にそれぞれの患者さんに投薬した内容を薬歴として記録する、

というのも薬剤師の仕事のうちです。

 

管理薬剤師、という仕事もあります。

 

この管理薬剤師はその職場にいる薬剤師の中から経験などを考慮して

選ばれる役割の人で、通常の薬剤師の他になにか特別な資格が必要、

というわけではありません。
この管理薬剤師は、

もともとの薬剤師としての業務に加えて薬品の在庫管理などの仕事を任せられます。

 

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。