チーム医療と薬剤師の役割

 

チーム医療とは“医療”に従事する様々な医療スタッフが

それぞれの高い専門的知識活かして目的と情報を共有し合い

業務を分担しながら相互に連携し、患者の状況に的確に対応した

高度な医療を提供することと理解されています。

 

 

質の高い、安全で安心な医療を求める患者と

その家族の声が高まる一方で、医療の高度化、複雑化により

現場で働くスタッフは心身ともに疲れており

近年は、根本的に医療の在り方が問われています。

 

 

それを解決と導く道のひとつとして行われているのが

「チーム医療」であるとして、注目を集めています。

 

チーム医療の考えは、患者の治療に必要なのは

医師だけではなく医療に携わる看護師、薬剤師

助産師や管理栄養士、臨床工学技士、リハビリテーション職種など

色々な分野の医療スタッフだという事です。

 

 

そのチーム医療の中で薬剤師

どんな役割であるか具体的に説明します。

 

チーム医療における薬剤師とは

 

現状の問題点など

医療技術の活発な進展とともに

薬物療法は高度化しています。

しかしながら病棟の薬剤師は

十分に活用されないまま実際は

医師や看護師が薬剤の管理業務を

行っているようなケースも沢山あります。

 

 

その一方で、日本病院薬剤師会や

医療薬学会や認定を行っている

専門薬剤師」や「認定薬剤師」は増加傾向にあります。

 

そのため、今後日本では高度な専門的知識や技術をもった

「専門薬剤師」や「認定薬剤師」を育て増やしていく事

そして「専門薬剤師」や「認定薬剤師」の活用促進が

様々な医療現場で求められています。

 

 

チーム医療で薬剤師がすべき役割

 

患者の薬学的管理や薬剤管理を行う

薬剤師は、現在の病院などの医療現場におき

薬剤師が行える業務をすべて洗い出し

任務を遂行することが求められています。

 

 

具体的な事項は

 

・医師と共に事前にプロトコールを作成する
※あらかじめ定められている規定や、試験/治療計画のことである

 

・プロトコールを基盤とし、薬剤の種類や投与などに積極的に関わる

 

・薬物療法を受けておられる患者の薬学的管理を行う

 

・外来化学療法を受けておられる患者に対しインフォームドコンセントを行う
※十分な説明を受けた上での同意

 

・入院患者の持参薬の確認と管理

 

 

しかしながら今現在では薬剤師の評価が確立されておりません。
日本のチーム医療はまだまだ途上段階です。

 

 

そのため国をあげての「チーム医療」に関しての

検討会が開催されたり、チーム医療推進協議会が活動をはじめています。

 

薬剤師 現場 仕事 内容 給料 やりがい

チーム医療がもたらす効果とは

 

スタッフに求められている事

医療従事者とともに薬剤師を含んだ

「チーム医療」が確立されることで

 

患者の疾病の早期発見や回復促進・重症化の予防など医療やQOLの向上

 

医療の効率性の向上による業務の分散、医療従事者の負担軽減

 

医療の標準化、組織化を通じた医療に対しての安全の向上

 

などがチーム医療で期待されています。

そしてチーム医療のスタッフは

 

専門的知識の向上

 

専門性のある役割の拡大

 

医療スタッフ間の連携や補完の推進

 

が求められています。

 

 

専門性の高い薬剤師はチームの要になる

「チーム医療」の促進や考えは現場だけでなく

国の検討課題ともなっています。
つまり今後は「チーム医療」に携われるような

優秀な薬剤師が求められるという事です。

 

よってこれから「チーム医療」の一員として

医療現場で活躍したいという薬剤師は

「専門薬剤師」、「認定薬剤師」の資格を取得しておく事が1番の近道となります。

 

 

高度な知識や技術はもちろんですが

薬物療法などを行っている患者さんの対応なども

必要になりますので、病院などに勤務し現場を見ておくことも大切となります。

 

 

医療従事者として「チーム医療」の一員になるということは

簡単ではありませんが、今後の日本の医療で

必ず重要視されることは間違いないのです。

 

薬剤師としてスキルアップしたい、成長したい

薬剤師としての知識や技術をもっと磨きたいと

自己研磨に励む薬剤師にとって進むべき道のひとつとして

知っておくべき事がチーム医療です。

 

 

薬剤師がこれからチーム医療を支えていくために

チーム医療を行うのは病院薬剤師だけに限りません。
今後は高齢化社会を背景に薬局での

在宅医療が増加していくと考えられており

地域医療での薬局薬剤師の役割が

重要となってくるっと言われています。

 

 

在宅医療では、看護師、ケアマネージャーといった

他の専門知識を持った職種の人とチーム医療を行っていきます。

 

薬剤師は服薬指導に加え、在宅の患者さん一人ひとりの様子を観察し

薬効や副作用などの結果を医療チームに報告します。患者さんに合わせて飲みやすい剤形への変更を行う事や、薬の種類、量の調整を提案し、患者さんとその家族に

薬に関する情報提供することも薬剤師の役割となります。

 

 

このように、病院であっても薬局でも

今後は薬剤師がチーム医療の一員として

貢献することが求められているのです。

 

チーム医療を行う時は、薬剤師の立場から

患者さんを観察し専門知識のもと

適切なタイミングで的確な情報提供をチームに行う事を心がけて

チーム内のコミュニケーションを大切にし

信頼関係を築く事も重要になります。

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。