何をしたら有利?薬剤師の中途採用

 

薬剤師の中途採用は、国家資格の職種であるので

比較的転職しやすいイメージがありますが

ひとくくりにして薬剤師といっても

職種や会社によってそのイメージが通用しない場合があります。

 

その背景にはいろいろな理由があって

自分の理想の転職を成功させる為には

その理由を理解しなければならないのです。

 

 

薬剤師の中途採用で良くも悪くもなる《経験》

 

薬剤師の中途採用を考える上で大切な事は

相手(採用側)が何を求めているかです。
薬剤師を採用する企業が

求める人材は二つにわかれています。

 

一つは、何にも染まっていないような新人と

もう一つは別の職場で様々な経験を積んで

即戦力となる人材にあたる中途採用者です。

企業や古くからある大きな病院などであれば

薬剤師には自分の会社の決まった方針仕事を行ってくれたほうが

会社にとって効率が良くなります。

 

経験が多い薬剤師などは知識も多いので

内部での分裂や対立が起こる可能性がある為

中途採用よりも新卒の未経験の薬剤師が好まれる傾向があります。

 

しかし、中途採用の薬剤師は、一部の

新しい病院や成長途中の企業

調剤薬局などでは即戦力として大変役立ち

キャリアがある人に指導する立場に

立ってもらいたいという考えもあるので

新卒の薬剤師薬剤師よりも優遇されている傾向もあります。

 

そして薬剤師の中途採用に関しては

少し異なるのがドラッグストアです。

ドラッグストアはご存知の通り

同じ全国チェーンであったとしても

取り扱っている日用品や医薬品も異なっており

行き慣れている人であっても場所が変われば

商品の配置が変更されるので

目的の品を見つけるのは困難となります。
それは働く側である薬剤師にしても同様なのです。

 

薬剤師にドラッグストアに勤務しているという

経験が豊富にあっても、違う店舗へ移ったり

中途採用で他のドラッグストアの会社に転職してしまうと

ゼロからの新人薬剤師からのやり直しとなります。

 

もちろん、ドラッグストアでの仕事経験者のほうが覚えがいいですし

接客能力があると考えられますが、他の職種のように

極端に中途採用が優遇されたり、もしくは敬遠されるという事はありません。

しかし、中途採用の強みはやはり仕事面だけでなくて

“社会人”

としての経験があるということです。
仕事に対しての責任感などの社会経験があって得る感覚は

ブランクがあればどうしても少しわからなくなります。
それが新卒薬剤師となれば尚更わかりません。

 

倫理的にも経験があるという事は

中途採用の薬剤師の代えがたい強みとなります。

 

薬剤師 パート 男性薬剤師

中途採用であれば有利となる資格

 

中途採用の薬剤師が新卒の未経験や

ブランクのある人より有利な点は、社会経験があることです。

 

しかし、履歴書に「どこに何年間勤めました。」と

記載した場合ですと、面接でいい方向にアピールできれば良いですが

書類審査の時点でその中でした

努力、知識や経験、技術を伝えるのは難しいです。

その時に有効となるのが

研修認定薬剤師制度” の利用です。

 

薬剤師は、時代に適した医療需要と

社会的要請に応えて、薬剤師として

必要となる責務を全うするために

生涯にわたり様々な研修による

自己研磨に努めなければならない職種です。

その研修実績の保証として認定証をもらう事ができます。

 

簡潔にいえば、努力を継続していて

時代に対応した薬学的知識

技術を取得としている証明なのです。

 

薬剤師は、倫理、基礎薬学や衛生薬学

医療薬学さらに薬事関連法規など

制度などに関して一定期間内に

色々な研修を受けてその能力を磨きあげて

新規であれば4年以内に、その後の更新は3年毎に

所定の単位を取得して、研修認定薬剤師としてやっと認められます。

 

更に病院に勤めることにより

日本病院薬剤師会が認定を行っている認定薬剤師や

各分野の専門薬剤師の資格を得る事で

キャリアやスキルを証明する資格となりますので

中途採用での就職には有利となります。

 

 

中途採用は確実に収入アップ?!

 

新卒の年収は400万円程度ですが

中途採用の薬剤師は、平均年収は

450万円から750万円程度となっており

中途採用の方が収入が良いです。

 

業務のランクで中途採用者の年収は更に上がります。

管理薬剤師は、100万円程度変わってきます。

 

そしてMRやCRAといった企業の営業職であれば

中途採用の場合、前の職場より年収が

確実に上がるように考慮してくれるところも多く

企業では確実に年収アップに繋げることが出来ます。

 

しかし、仕事内容によっては

以前の仕事より役職が下がる事もあり

手当がなくなることで、収入が落ちてしまう事も考えられます。

そのことも考えて転職をしっかり考えてください。

 

 

転職先の選択で中途採用でも将来的な成功になる

 

薬剤師の中途採用で最近の求人事情を調べてみると

新卒、中途採用に関わらず、大量の薬剤師求人があります。

就職や転職市場が今大きな売り手市場となっています。
しかし、いつまでも続く保証はありません。

私立大学の薬学部の乱立や

新しい6年制の卒業生の登場がこれから始まる為

特に新卒を好むような企業や大手チェーンでは

人件費のかかる中途採用の経験者は敬遠されるため

転職は困難になる事が想定されます。

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。