どこまで許される?薬剤師のおしゃれ

 

薬剤師のヘアスタイルや身だしなみについて

世間で取りざたされるようになったのは医薬分業からでした。

 

日本のあらゆる所に調剤薬局が新設されるようになって

今までは病院の奥で患者と顔をほとんど合わす事なく

調剤していた薬剤師が、薬局があらゆる所に建ち

患者の目の前で調剤している姿を見るようになりました。

 

更に薬を渡すときには薬の効能や

注意事項まで説明し、飲み方などの指導もお行い

これまでとはまったく違った薬剤師の形ができあがったのです。

 

このときから、薬剤師の仕事は接客業とみなされるようになり

看護師などと同様に身だしなみについても

様々な制限が行われるようになっていきました。

 

白衣の理由とは

 

医療従事者が白衣を着用ているのは

もちろん衛生面の理由からですが

それ以外にも患者に対する印象を配慮しています。

 

白は誠実で潔白な色と言われているように

仕事上、清潔さを第一としなければならない為

薬剤師のおしゃれにも、必然的に制限が加わることになります。

 

それであっても看護師と比較すると制限はゆるい傾向があり

厳しい規定は特にありませんが

それぞれの職場で決まったある程度のルールがあります。

 

白衣の着こなし

 

薬剤師が着用している白衣は

私服の上から羽織るだけのものもあります。

そこでおしゃれをとりいれるならば

ブランドものの白衣を着用するか

白衣の下に着る私服でおしゃれすることになります。

 

職場によって異なっていますが

下に穿くのはスカートは禁止で

紺のパンツと定められている場合もあります。

 

そういった規定のある職場では

オシャレできる範囲がとても限られてしまいます。

 

病院で働く薬剤師は、見た目は

女医さんとほとんど変わりない場合がありますので

薬剤師が華美で派手な身だしなみをしていると

病院の女医の印象が悪くなる場合もあるので

厳しくいわれる病院も多いです。

 

そういった厳しい病院でなければ

白衣の下に着用するブラウスの柄も

自由に好きなものを着て

アクセサリーも多少はつけていい職場もあります。

 

 

基準は人それぞれ

 

場所によって違いはありますが

薬剤師はアクセサリーなどのような

体に着けるものも制限される場合が多いです。

 

結婚指輪以外は禁止、ピアスネックレスなども

職場によって規定がある場合もあります。

 

色々な堅苦しい面がありますが

薬剤師という仕事は患者に与える印象が

最も大事ですので、仕事をしている上仕方ありません。

 

髪の毛のカラーリングも、どの程度まで許可されるかなど

職場によって異なりますし、同じ職場でも

職種によって異なる場合もあります。

 

女医や看護師は患者と接する機会が大変多いので

身だしなみ”とういう面に関する制限が大変厳しいのですが

それと比較すると薬剤師は若干制限はゆるいようです。

 

しかし、女医や看護師ほど患者に接する事がなくても

やはり医療関係者として、薬剤師も清潔さを第一に考えてた

清潔感を感じる事のできる身だしなみを心がける必要があります。

 

 

抜き打ち検査アリの職場も

 

職場によって身だしなみやおしゃれについての制限は違いますが

中には抜き打ちチェックでカラーリング検査を行うところもあります。

 

病院などでは、若い新人の看護師などが多い職場では

規律が乱れがちであるので

こういったチェックも必要となります。

 

更に、勤務者の平均年齢が低い職場は

靴のデザインも厳しく規定されていたり

髪型も規定されている所もあります。

 

髪飾りなどは、大半の職場で禁止されていますし

ピアスに関しても片耳だけで5ミリ以内のサイズなど

様々な決まりがある職場もあるようです。

 

ネイルに関しては、透明であれば許可される所がありますが

全面禁止という職場も多いです。

 

病院勤務では、看護師の髪型や

アクセサリーに制限がある場合が多いので

一緒に働く仲間として薬剤師も

同じ基準で制限されるところが多いですが

薬剤師だけ基準がゆるい職場もあります。

 

 

化粧の基準

 

薬剤師の場合は、身だしなみや

アクセサリーについて厳しい規定があっても

化粧は制限がゆるい場合が多く

あくまでも、アイカラーや口紅が派手すぎず

清潔感があれば許されます。

 

 

薬剤師 パート 時給

薬局は意外と自由

 

病院の薬剤師と比較して薬局の薬剤師

白衣の下に着る服は自由で、髪型、アクセサリーについても

あまり制限がない場合が多いです。

 

特に、調剤業務のない普通の

ドラッグストアだとさらにその傾向が強いです。

その背景には、薬局ならではの事情もあります。

 

病院、調剤薬局で働く人はほとんどが

医療従事者となっていますが

ドラッグストアの場合は

薬剤師の資格を持つ医療従事者のほうが少ないのです。

 

そういった環境下では、働いている従業員の中で
薬剤師にだけ厳しく制限するわけにもいかないようです。
また、薬剤師が親しみやすいラフな服装をしていると

お客との間の壁もなくなる為、経営者側は

そのほうがかえって良いと考える場合もあります。

 

こういったドラッグストアのような職場ですと

薬剤師も服装に制限がなく自由で働きやすくなりますが

しかし全面的に解禁になったわけではありません。

 

薬剤師は薬剤を扱う専門家としての最低限の清潔感

信頼感を損なうような過度のおしゃれをすることは許されません。

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。