大手薬局チェーン店と中小薬局では、それぞれメリットとデメリットが存在します。
転職に際しては、これらのメリットのデメリットを把握した上で選択しなければなりません。

 

中小薬局で勤務するメリット

<異動がない>
もし地元の職場で働きたいと考えているのであれば、中小薬局を選ぶことをオススメします。
大手の場合全国に転勤しなければなりません。

中小薬局の場合、おおよそまとまった地域に出店されています。
そのエリアないでの異動はあるかもしれんが、実際にそういったケースはほとんどありません。
住み慣れた土地を離れる必要がないということは、中小薬局に転職する大きなメリットです。

 

<残業がない>
大手で勤務する場合、店を閉店した後も提出する為の書類などを作成する作業などが残っています。
また、残薬管理や投薬のスピードも要求されることになりますが、中小薬局においてこういったことはほとんどないです。
その為残業時間は比較的少なくなり、余裕を持って働くことができます。

 

<待遇が良い>
大手薬局チェーン店においては多くの薬剤師が在籍し、人が減ったところで替えがききます。
ですが、中小薬局にあっては薬剤師の絶対数が少ないため、一人あたりの待遇が良くなります。
僻地になればなるほど高給となる傾向にあります。

 

<トップとの距離が近い>
中小薬局においては、トップである社長の即下に管理薬剤師という場合が多く、その為社長との距離が近くなり、自分の意見などがスムーズに伝わりやすいといったメリットがあります。

 

中小薬局で勤務するデメリット

と、ここまでは中小薬局に転職するメリットを挙げさせていただけましたが、勿論良いところばかりではありません。
中小薬局に転職するに際して、少なからずデメリットも存在します。

 

<教育システム>
一番のデメリットは教育システムの遅れです。
大手薬局チェーンにあっては、ただ在籍しているだけでも多くのことを学ぶことができます。
中小薬局における教育は直接指導のOJTがメインとなります。
この質は会社によっては異なりますが、指導に当たる先輩に依る部分が大きいでしょう。

 

<研修体制及び情報共有>

中小薬局では、大手と比べても研修や各店舗間における情報共有の体制が整っていない場合が多く、認定薬剤師などの単位取得や、講演会に参加したいといった場合には、どのような体制になっているのかをチェックしておかなければなりません。

 

 

と、中小薬局におけるメリットとデメリットを紹介させていただきました。
待遇や勤務地など、中小薬局には大手では得られない様々なメリットがあります。

ですが、教育面や情報の面においては大きく遅れを取っています。
これらのメリット・デメリットをよく吟味してください。

また、当たり前のことですが。企業毎にその待遇や教育のシステムには差があります。
それらも考慮して、転職に臨んでください。

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。