アメリカではすでに「Clinical Pharmacist」として広く知られている、

「臨床薬剤師」のお仕事。薬の調剤と販売を行う一般的な薬剤師ではなく、

さらに踏み込んで医療現場にも関わることができる薬剤師です。

日本ではまだ一般的ではありませんが、徐々に臨床薬剤師の需要も増えてきています。

 

臨床薬剤師とは

臨床薬剤師は薬の調剤など薬剤師としての業務のほか、

臨床知識を備えており病院内の臨床の場にも携わることができます。

もともと臨床薬剤師が生まれたのはアメリカで、

薬学部を卒業したあと実際の医療現場で臨床に関する教育を受け、

はじめて臨床薬剤師としてデビューすることができます。

いわゆる医薬品のスペシャリストとして、病院内では重要な位置づけであり、

医療にも主体的に関わることができます。

対して日本では医療というと医師や看護師の領域であり、

薬剤師が関われるのは医薬品に関する部分だけです。

ただし最近では研究機関や大学病院など規模の大きな分野で

臨床薬剤師が活躍するようになってきており、今後さらに一般的になると期待されています。

臨床現場では、入院中の患者さんに薬を投与したり、

服用して貰う時に服薬指導を行います。

薬の情報や毎日の服用方法、副作用が起きる可能性がある場合はその注意点を説明します。

また、薬の投与量について計画を立てたり、

医師と相談し合って投与計画を考える場合もありますし、

医師にアドバイスをする業務なども含まれます。

 

臨床薬剤師に求められるスキル

投与計画はどの薬剤師もできるわけではありません。

患者さんごとのデータから、正しい薬の分量を決めたり、

薬の効果の出方をチェックするなど分析に関する業務も含まれます。

特にがん治療など薬の種類や量によって効果が異なる疾患に関しては、

日々患者さんに合った投与計画を立てていかなければなりません。

場合によっては、患者さん本人やそのご家族とどのように治療を進めるか希望を聞く必要もあります。

臨床の場に出ていくということは、患者さんや医師、看護師とも

柔軟にコミュニケーションを取らなければなりません。

調剤薬局やドラッグストアに勤める薬剤師も日々多くの人とコミュニケーションを取っていますが、

さらに重い症状を抱えた患者さんを相手にする臨床薬剤師には、

人の気持ちになって関係を築けるスキルが求められます。

言うまでもなくやりがいを感じられるお仕事ですし、給与面についても期待ができますが、

その分責任もあるお仕事です。

将来的にキャリアアップを目指している方におすすめの職業と言えるでしょう。

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。