健康や美容に良いということで注目が集まっている「漢方」。

医師の処方箋に基づいて調剤をしたり、大衆薬などを扱う薬局にも、

漢方薬を専門に扱う店舗があります。

 

漢方薬局とは

漢方薬局は文字通り漢方を扱う薬局です。

まず薬局を訪れた方の体調や体の悩み、不調についてカウンセリングを行い、

それぞれの症状に合った漢方薬を勧めてくれます。

最近では保険が適用される漢方薬も増えています。

漢方薬局に勤める薬剤師は、漢方薬に詳しい知識を持ち、

通常の薬では治せないトラブルの根本から見直すためアドバイスをします。

仕事内容は大まかに分けて漢方相談と調剤に分けられ、

相談とはいわゆるカウンセリングのこと。

患者さんがそれぞれの不調を訴えたり、あるいは自分の家族について悩みを口にします。

その相談に応じつつ、事前に記入してもらった問診票をチェックして、

体調不良に効果的な漢方薬を探します。

 

カウンセリングでは日々の生活習慣や運動量、

ストレス度などを図ってから実際の調剤にうつります。

漢方薬には、肉体はもちろん精神面にも良い作用をおよぼす薬がありますから、

西洋医学の医薬品にはない治療薬を提案することが可能です。

 

漢方薬局で手に入るもの

従来の調剤薬局では処方箋に基づいた医薬品のほか、

ドラッグストアなどで扱う大衆薬も店頭に並んでいます。

漢方薬局では漢方エキス剤のほか、生薬や漢方系の大衆薬なども扱っています。

患者さんごとのデータを参考に処方が決まり、生薬から調合して漢方薬を作るので、

一人一人異なる漢方薬が手に入ります。

漢方薬は効果がきわめて緩やかに出るので、

西洋医学の薬よりも体に負担がありません。

もちろん過剰な服用は体に害を及ぼしますが、

漢方を専門とする薬剤師はきちんと症状に合った量を調剤してくれます。

患者さんによっては、できるだけ即効性のある薬を求める方もいますので、

需要に応じて即効性のある漢方薬を提供する場合もあります。

 

漢方薬局で働くには

基本的に薬剤師の資格を持っていれば誰でも漢方薬局に勤めることができますが、

生薬の調合と販売には「漢方薬・生薬認定薬剤師」の資格がなければなりません。

したがって、薬剤師になった後さらに漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得する必要があります。

薬剤師の資格しか持っていない場合は、処方箋通りの薬の調剤と販売、

また市販薬の販売だけに限られます。

漢方薬局の求人では漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得するために

教育制度を整えているお店が多いので、薬剤師であれば漢方領域が未経験であっても

徐々にステップアップすることができます。



%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。