薬剤師は医師からの処方箋を元に薬を調剤し、

それを患者さんへと手渡しするのですが、この時、服薬指導を行います。
服薬指導とは、薬の正確な情報・使用方法などを細かに患者さんへと伝えることです。
この際に指導される内容には、

薬を服用する時間や服用する回数などの基本的なことをはじめとし、

保管の方法や服用することによって発生する副作用、

飲み合わせなどの注意点なども含まれます。

 

この服薬指導は、ただ薬を薬剤師が渡すだけでは薬としての役割は果たせず、

正確な情報が伴ってはじめて薬として機能する、といった考えの元、

実施されている業務です。

 

薬剤師が実施するこの服薬指導には、大きく分けて二つの目的があります。
それは「安全性の確保」および「有効性の確保」です。

 

医薬品には必ず副作用があり、それは作用の大小に関わりません。
その医薬品がもつ危険性を最低限に留める為の指導が

「安全性の確保」に密接にかかわってきます。

 

薬剤師になるには

 

そして、医薬品は正しい用法、用量を守ることではじめて最大限の効果を

引き出すことが可能になります。

 

そして、その情報を患者さんへ正確に伝えることによって

「有効性の確保」がされます。
このふたつを同時に「確保」するための服薬指導というのは、

薬剤師にとって最も重要な業務の一つと言えるでしょう。

 

次に、服薬指導の際に行われる指導内容を具体的に解説させていただきます。

 

・医薬品の名称
・医薬品の効き目や効能、副作用に関する情報
・医薬品の用量・用法
・服薬を中断する際に発生する問題や飲み忘れた場合における対応など
・保存方、や使用期限、保管管理の注意
・服薬した際における尿・便の変化
・薬の飲み合わせについての指導
・調剤薬と。般用医薬品の、使用限界に関する説明
・既往症やアレルギー等診断の確認、服薬指導

 

以上のように、服薬指導において指導内容は多岐に渡るのですが、

患者さんが理解しやすいように負担をかけない指導力求められますため、

常日頃から薬剤師は服薬指導のスキルや、

何よりも相手のことを理解するコミュニケーション力能力の向上を

測る努力をすることが大切なのです。

 

医療現場におけるインフォームドコンセントの概念が定着しつつある近年では、

医師や薬剤師が患者さんに対して説明を果たす責任が重くなっています。

 

その意味で薬剤師は、服薬指導の質をアップさせる為により詳しい知識や

高度なコミュニケーション能力を高める意識が必要となってきているのです。

 

薬剤師として評価されキャリアアップするためには、

服薬指導のスキルを高めて患者さんとの信頼関係を構築していくことこそが

重要なポイントとなるでしょう。

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。