調剤薬局で患者に嫌われる薬剤師にならないために

 

基本的に薬剤師で患者にむかつかれたり嫌われたりするのは

いわゆる薬剤師の中でも

接客業に区分される調剤薬局や

ドラッグストア、病院の薬剤師にあたります。

 

その職種の中でも調剤薬局に着目した場合

薬剤師が患者にむかつくや嫌いという感情を

抱かれるの時はどのような理由があるのかここで紹介します。

 

更に、そう思われないためにはこれから

どのように患者さんに接するべきか考えなくはいけません。

 

患者さんからのむかつく、嫌いという

感情の理由の把握と対策をお伝えします。

薬剤師 薬局 仕事

 

調剤薬局薬剤師で患者が嫌う薬剤師は、ズバリ“マニュアル薬剤師”

 

患者さんは薬剤師の服薬指導に対して

憤りや嫌な気分を感じる場合があります。

特に、糖尿病などの慢性的に

継続して服薬をしなければいけない病気の患者が

感じることが多い理由の一つとなります。

 

常時、病院で処方箋をもらわなければならない

環境の患者さんは今までは病院でお薬がもらえていたのに

医薬分業に伴って変更になった

医薬品の受け渡しが病院外になったことも

ストレスと感じておられる患者さんもおられます。

 

長年服用していて慣れ切っている

お薬の受け渡しに際して調剤薬局で

改めて一から服薬指導をされた際には

医者でもない薬剤師に

すでに医者に伝えたことを

繰り返し同じ事を話さないといけないのか

など重複の面で薬剤師に対し

むかつくや嫌だという感情を生み出すことになります。

 

しかし薬剤師からすれば

服薬指導は薬剤師の仕事の一つだから

決められていることであり、しなければいけない

業務の一つでもあります。

 

もちろん、服薬指導を省くという事は

薬剤師としてしてはいけない事です。

 

しかし、ただ単にマニュアル化に沿って

患者さんと会話をするのではなく、

 

「何度もお聞きになっている内容ですが少しだけご辛抱くださいね」

 

「毎回の事で面倒で申し訳ありませんが少しの時間お付き合い願います」

 

と気持ちを込めて一言だけつけたすだけで

患者さんの受けとる薬剤師に対しての印象が変わるのです。

 

近年では、調剤薬局の教育もプログラム化されており

薬局事に接客マニュアルが

出来上がっている場合が多いのも現状です。

もちろんマニュアルに沿って接客する事は大切な事ですが

固執しすぎる事によって患者さんの反応や

言いたい事や思っている事を

見逃してしまったり知らない間に

不快に感じさせてしまう事もあります。

がんじがらめにロボットのように

マニュアル通りに接客する事はやめたほうが良いです。

 

 

調剤薬局で患者が嫌う薬剤師とは、ズバリ“プライバシーを守れない薬剤師”

 

患者が不愉快に感じる薬剤師とは

自分の罹患している病名を

他人に聞かれる状況を作ってしまう薬剤師です。

 

例えですが、女性の場合など

“水虫”などの病名を

大きな声で薬局で言われるのを

嫌がる方は沢山おられます。

 

確かに薬剤師が病名を

患者さんに確認する行為は

薬剤の投与の過誤などを避けるためにも

大切な事ですが、薬剤師からすれば

ただの病名と思ってしっかり患者に聞こえる声量で

患者さんに確認を行うと怒られてしまう事もあります。

 

患者さんの立場になって考えた時

自分が水虫などの他人に知られたくない病気になった時を

考えたら患者さんの気持ちも理解できる事だと思います。

 

そのような時は、自分で考えて工夫して

病名の書いた紙を準備しておくなど

少しの配慮や思いやりが大切となります。

 

 

調剤薬局で患者が嫌う薬剤師とは、ズバリ“質問に回答できない薬剤師”

 

調剤薬局で患者が不愉快に感じる薬剤師の対応とは

質問に回答することができない薬剤師も挙げられていますが

残念ながら実際にそんな薬剤師はいます。

 

接客内容業務内容をきっちりと

マニュアル化してきた事もあり

薬剤師がマニュアルに沿って機械的に

 

この薬でよろしいですか。

 

質問はなにかありますか。

 

など患者さん側からするとしつこく

同じ事を聞かれているように感じる場合もあります。

質問をしてみると、途端に薬剤師が不安そうな顔をしたり

言葉を詰まらせたり困ったりすることがあり

患者さんからすれば

「じゃあ、質問があるか聞くなよ」

とあきれてしまいます。

 

ある程度の患者さんの質問に

対応できるだけの知識を自分の身に

つけておく事が一番大切ですが

わからない場合は適当な回答を不安そいうするのではなく

素直に確認して、しっかりとした正しい情報を伝えることが適切です。

 

患者さんから「薬剤師が嫌い、むかつく」と思われるのは

特に職種的に調剤薬局のように

患者さんと直接関わる接客業である以上は

残念ながら完全には避ける事はできません。

 

しかし、薬剤師の考え方や対応の仕方で

できるだけそのような患者さんの

負の感情を受けないための対策をする事はできます。

 

接客業はかならずコミュニケーション能力が問われます。

薬剤師はマニュアル通りではなく

一人ひとり違った心情である相手の立場にたって接する事

物事を考える事は、とても重要です。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。