薬剤師の就職・転職に際して、面接は避けて通ることのできない登竜門です。

この面接においては様々な質疑応答を繰り返すこととなりますが、おおよそ、問われるテーマというものは決まっているものです。

今回は面接で投げかけられる質問事項について、あなたの考えや経験・スキルを混じえてアピールしながら回答する一例を紹介させていただきます。

 

『自己PRをしてください』

これは最もよくあるテーマです。

今までのあなたの経験や、あなたのスキル、薬剤師としてどのように貢献することができるか、といったことをアピールする絶好のチャンスです。

この時、PRとして特に受けが良いテクニックとしては、『逆転劇』のストーリーがあります。

まず、大きな壁・困難を設定します。

そうしてその困難をいかに解決して、結果として将来にどう繋がったのか、というストーリーを語るのです。

マイナスからスタートし、自分が変わることで、今ではプラスとなっている、という模範的な自己PRとなります。

これを踏まえず良いことばかり話していると、単なる自慢話として逆に印象を悪くしてしまうケースが存在します。

この型に当てはめてストーリーを作ることで、効果的にPRすることができるようになります。

 

『転職(退職)した理由は何か』

現在働いているのであれば転職したい理由を、現在働いていないのであれば、以前の職場を退職した理由を答えなければなりません。

この際、給料が低かっただとか、人間関係が悪かっただとか、マイナスの理由を馬鹿正直に答えてはなりません。

面接官の納得の行く、前向きな転職理由を予め用意しておく必要性があります。

 

『どうして薬剤師になろうと思ったのか』

これも薬剤師の面接においてはよく聞かれる質問です。

薬剤師になる為には多くの試練・壁があります。

そうした困難な道を選んで薬剤師を目指したからには、何かしらの理由があるでしょう。

これを自分の言葉にして語れるように準備しておかなければなりません。

 

『最後に質問はないか』

面接を終えたあと、採用担当者から「最後に何か聞きたいことはありますか?」と問われます。

年収や休みなどといった待遇の話はここで聞きましょう。

この質問を想定しておらず「ありません」と答えたりだとか、黙って考えこんだりしてはいけません。

予め就職先・転職先の情報を集めて調査をした上で、採用担当者に質問を求められた際の返答を用意しておきましょう。

面接の質疑応答をスムーズに進めて、採用担当者に良い印象を持ってもらう為には、事前にある程度質問を想定して対策しておくことが重要です。

 
・▲被リンクローソン カードドライブカラコン口コミ


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。