薬剤師の方の中で、就職先や転職先に悩んでいる人もいることでしょう。

 

そんな方にも、実はいままで知らなかったところで、

あなたのスキルや資格を役立てるチャンスがあるかもしれません。

 

たとえば薬剤師の求人をしているもののひとつである学校薬剤師という仕事があるのを

ご存知でしょうか。

 

薬剤師 検索

 

この学校薬剤師というのは、その名の通り、学校で働く薬剤師のことです。

 

実は大学を除いて、幼稚園から高校までに、学校薬剤師が配置されています。

 

この学校薬剤師に求められる役割は、学校の保健室などで生徒に与えられる薬に関して、

きっちりとした保管や管理がおこなわれているか、

チェックしたり、アドバイスしたりすることです。

 

そしてその保健室の薬品管理の他に、実は理科室の薬品管理に関しても、

この学校薬剤師の管轄となっているのです。

 

この理科室の薬剤の管理に関しては、特に引火を避けることができる適切な

管理方法をしているかどうか、そして、適切な処分がおこなわれているかどうか、

ということのチェックをすることがメインの業務になります。

 

そして、これらの他にも学校薬剤師には、

学校で生徒たちが適切な環境で暮らせるようにする様々な役割が与えられています。

 

たとえば、騒音の調査などがこれにあたります。

 

この騒音の調査は、騒音計によっておこないます。

 

これは、授業で教師の声がきこえづらいようなことが日常的に続いている環境の場合、

学習の大きな妨げになるからです。

 

また、学校のトイレの検査もこの学校薬剤師の仕事です。

 

さまざまな検査項目を満たしているか、衛生害虫がいないか、などをチェックします。

 

そしてその他に学校薬剤師の仕事としては、プールの水質を検査したり、

また、給食施設や飲料水の検査をして、

衛生的に問題がないかどうかを調べることになります。

 

教室の中でも、学校薬剤師の検査すべき項目があります。

 

温度や湿度は適切な範囲に保たれているか、

また、二酸化炭素を始めとした炭酸ガスの濃度は基準値以下か、

そして、教室内では適度な明るさの照明がともされているか、

などの項目が、検査されることになります。

 

また、机や椅子などが、生徒にきちんと合った状態になっているかということも

チェックすべき項目のひとつです。

 

では、このようなさまざまな仕事のある学校薬剤師になるには、

いったいどうすればいいのでしょうか?

 

学校薬剤師派遣の実績がある薬局に就職すると、学校薬剤師になれる可能性は高いです。

 

しかし、多くの種類の仕事があるといっても、この学校薬剤師の業務を委託された

薬剤師が学校に訪れるのは月1ほどですので、あくまで副業として考えるべきでしょう。

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。