薬剤師には、「保険薬剤師」と呼ばれる職種もあります。

保険薬局で働く薬剤師のことを指しますが、一般的にはあまり耳にしない呼び方かもしれません。

 

保険薬剤師とは

現在、日本人のほとんどは健康保険に加入しており、

医療サービスを利用する時に保険を利用しています。

医療機関はそれぞれ保険が適用される保険医療機関として指定を受けなければなりませんが、

そこで働く医療従事者も同様に保険薬剤師として登録しなければなりません。

このような理由から、保険が適用される医療機関で働く薬剤師は

「保険薬剤師」として認められています。

保険薬剤師が在籍していれば、私たちが患者として薬局を訪れた時、

医療処置を点数に換算して保険請求することも可能になります。

ちなみに、保険調剤をしない病院薬剤師は、

保険薬剤師の届け出をする必要はありません。

保険調剤をする場合でも、病院の薬剤部であれば登録なしで勤務ができます。

薬剤師の資格だけ持っていれば調剤や服薬指導などが可能です。

 

保険薬剤師として働くには

保険薬局で勤務する薬剤師は、保険薬剤師登録をしなければなりません。

所轄の地方厚生局に「保険薬剤師登録申請書」を提出し、

受理されてはじめて保険薬剤師として薬局に勤務できます。

薬の知識だけでなく、保険点数の算出、算定や各種保険の知識が必要になり、

患者さんから保険料について質問された場合はそれに答えられる必要があります。

意外に知られていないことですが、医療サービスに保険が適用されるためには、

私たちが加入していることはもちろん医療を提供する側にも登録が必要なのです。

病院にかかったあとは処方箋を薬局に持っていかなければなりませんし、

健康保険に加入しているなら誰もが保険の適用される薬局に行くでしょう。

保険薬局ではない薬局もありますが、そこでは大衆薬の販売や調剤しかできませんので、

薬局はできるだけ多くのニーズに応えるため、保険調剤薬局として登録するのです。

 

健康保険が使える薬局は、多くの場合「保険薬局」「保険調剤薬局」「処方箋(せん)受付」と

入口前に表示しています。

ドラッグストアの中にも保険調剤薬局を併設しているところがあり、

そのような場所に勤める薬剤師は保険薬剤師の登録が必要になります。

保険薬局に勤める薬剤師が異動や転勤などで別の都道府県に移る場合は、

別途異動届が必要になります。

すでに登録済の方でも、新たに異動届が必要になるため、

転勤になった時は忘れずに届出をしなければなりません。



%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。