薬剤師において「保険薬剤師」と呼ばれるものがありますが、

調剤薬局に勤務する際には保険薬剤師でなければならない場合が少なくありません。
この保険薬剤師という言葉は一般的にあまり耳にすることはありませんが、

これは一体どういったものなのでしょうか?

 

日本では健康保険制度が整えられており、

これに加入することによって本来必要な医療費より少ない負担で済みますよね。
所謂、保険がきく、ということです。
ですが健康保険については多くの決まりごとがあり、

診療内容や薬剤等々によって取り決められています。

 

健康保険による医療費には税金が使われていますので、

誰にでも、何にでも、というわけにはいかないのです。

 

薬剤師会
そして医療を受ける立場の私達が健康保険に加入し保険料を納めるのと同じく、

医療を提供する側も定められた条件をクリアーする必要があるのです。
医療機関においては、保険医療機関として認められており、

さらにそこで診療を行う医師も、保険医として認められていなければ、

保険診療をすることができないのです。
同様に、薬剤師であれば、

保険薬剤師でないと健康保険を使った調剤業務を行うことはできません。

 

薬剤師の資格さえ持っていれば、調剤業務そのものを行うことは。
ですが、その場合保険が利用できませんので、患者側の負担は10割となってしまいます。

 

せっかく健康保険に加入していて、

保険が適用される医薬品が処方されているというのに、

わざわざ保険が使えない薬局に赴く人はいませんし、

いたとしてもよっぽどの変わり者でしょう。
こういった背景もあり、ほぼ全ての調剤薬局が保険調剤薬局の登録を行っているのです。

 

医療機関と同様、保険調剤薬局の指定を受けた薬局で働くに際しては、

薬剤師も保険薬剤師の指定を受けていなければなりません。
これに関しては特別な費用などは不要ですが、

地方厚生局で正式な手続きを踏まなければなりません。
どこの地方厚生局かはそれぞれ調剤薬局を管轄しているところになりますから、

事前に確認が必要となります。

 

この際、研修等への参加が必須となりますので、

管轄の異なる調剤薬局などに転職する際には、

万が一に備えて時間を多めにもっておきたいところですね。

 

ちなみにですが、保険調剤を行わない薬局、ドラッグストア、

病院薬剤師となるにあたってこの手続きは必要ありません。
ただし、その時は不要だったとしても、

転職など調剤薬局に勤務する際には必要不可欠となりますので知っておいて損はないでしょう。

 

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。