一人薬剤師のメリットとデメリットとは

 

小規模な薬局では、薬剤師が一人で処方せん

受付や調剤業務から会計までの流れを

業務としてすべてを行うことがあります。

 

一人で行う事を苦労だと思うのか

自身のキャリアアップへの道だと

受け取るかは考え方次第です。

 

一人薬剤師の仕事内容

 

調剤薬局で一人薬剤師として仕事を行う場合は

調剤以外の業務も含めて

局内のすべてを管理することが前提となります。

 

薬剤師の仕事以外で言いますと

薬局のレジ内の金銭管理も大切な仕事の一つです。
お釣りなどに困らないように

定期的な釣銭チェックなどの確認が必要となってきます。

 

調剤業務におきましても

一人で行うにはどういう順序で

効率よく進められるかを考えながら

準備をしていかなければなりません。

 

よく処方されるような予製剤が

十分に在庫があるかなど、前もってしっかり確認し

早めの調整を行うといった

全体の作業への配慮も必要となります。

 

 

一人薬剤師の仕事でプレッシャーや

負担が大きく感じられる事は

薬の在庫が不足してしまったときや

体調の優れない患者さんを

長時間待たせてしまうような時です。

 

 

待つ事が辛い患者さんには

後で取りに来ていただければよいのですが

患者さんによってはそれが難しい場合もあります。

 

かかりつけ薬局として利用して

おられる患者さんの場合は、後で

自宅を訪問し持参するといった

対応が求められる場合もあります。

 

 

一人で薬局の業務をすべてこなしながら

在庫不足の薬の発注やタイミングを見て

卸売会社やMRへの連絡事項なども

きちんとまとめて行っていかなくてはいけません。

 

単純に患者さんへの対応だけでなくて

さまざまな業務や雑務も患者さんに対応しながら

同時進行になるのが一人薬剤師の職場環境になります。

 

一人薬剤師の不安を感じるデメリット

一人薬剤師という環境で

勤務する事になった場合は

やはり気になるのが一人で

業務する事に対してのデメリットです。

 

一人薬剤師の場合、1番起こりやすい問題点が

 

患者さんを待たせてしまうこと”です。

 

薬剤師が数人在籍するような薬局であっても

患者さんを待たせることは多々ありえる事ですが

一人薬剤師であれば尚更その頻度は高くなります。

 

午前中に病院へいって昼から仕事など

様々な患者さんの理由で急いでいる

患者さんに対応するために

薬剤師はトイレに行くタイミングさへ

取れない事もしばしばあります。

 

特に患者さんが多く来る時間帯には

ホッと一息つくようなちょっとした休息も難しい状態になります。

 

更に気になる事が“調剤ミス”です。

調剤から処方せんまでの業務をひとりで行うため

薬の慎重なチェックを行わなければいけません。

 

しかし、次々に訪れる患者さんへの対応や

丁寧な服薬指導を行ううちに

集中力も低下してしまう場合もありえるのです。

 

一人で息つく事な業務を行い常に

緊張感をもって対応するため

ストレスも大変かかりやすいです。

 

 

そしてやはり一人薬剤師の場合

欠勤しづらい状況になります。

 

薬剤師の自分が休んでしまうと

薬局そのものが営業する事ができなくなります。

 

大手チェーン店の場合は、代理として

別の店舗などから人員を手配してもらうことも可能ですが

実際のところは急な調整は難しい事も多いのです。

薬剤師 薬局 仕事

向上心は大切!スキルアップの目線“一人薬剤師だからこそ学べる”

一人薬剤師として働く場合

やはりデメリットに目につきますが

自分自身にプラスの面も多くあります。

 

薬局の管理をすべて任される事は

自身のスキルアップにつながります。
転職の際にも自己PRとなります。

 

 

調剤ミスなども含め、薬局内でトラブルが発生した場合は

自分自身のミスであることが明らかとなります。

 

トラブルに関して解決策から対応まで

すべて自分が責任を持ち取り組むことで

人間としても、薬剤師としても大きな経験を積み重ねる事ができます。

 

一人ですべての常務を行うことには常に

プレッシャーを感じて仕事をしなければいけませんが

一方で、よくある薬局内の人間関係で悩んだりすることは一切ありません。

 

 

薬局退職の理由として、よく聞くのが

 

人間関係の問題」です。

 

狭い空間で1日中働いていると必ず起こる事です。

自分のこだわりを持って服薬指導に取り組み

専門薬剤師、認定薬剤師のスキルを十分に活かしたい方にとっては

一人薬剤師は周囲に影響されず

自分らしいやり方に挑戦できる環境でもあります。

 

また、将来は自分で薬局経営を考える場合は

この“一人薬剤師”の経験が大変役に立ちます。

 

 

薬局内の会計はもちろん清掃や

薬局の収支決算などの経理業務まで

経営の裏側を見ることができます。

 

他にも一人薬剤師のメリット

患者さんとの関係も深く親密になる事です。
いつ薬局を訪れても、自分のことを

よく理解してくれる同じ薬剤師がいれば

患者さんはとても安心できます。

 

病気以外の健康相談もしやすく

かかりつけ薬剤師として信用も高まります。

 

一人薬剤師のやりがいを見つける事が大切

一人薬剤師として働く事は業務も多く

大変な印象のほうが目立ってしまいます。
その一方では、退職理由に多い人間関係がないからと

一人薬剤師を自ら希望する人も多いです。

 

デメリットは必ずありますが

それも考え方によってはメリットに変わります。

 

一人薬剤師を任される事を前向きな気持ちで

やりがいに変える事が大切です。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。