新たな制度!薬局で《かかりつけ薬剤師》を活用するメリット

 

2016年4月から、診療報酬が改定されたことにより
薬局で、「かかりつけ薬剤師制度」がスタートしました。
2016年4月以降に、薬局で制度の説明を受けて
かかりつけ薬剤師に同意したけれど
具体的な内容がわかっていない、今までと何が違うのか。
制度に対して正しく理解されていない方もおられます。

 

かかりつけ薬剤師について

【かかりつけ医】と聞くと、体調が悪くなった時など

毎回同じ病院の先生を受診したり

何か不安や心配があれば

電話で相談するといった医師をイメージする事ができます。

 

同様に、 【かかりつけ薬剤師】とは

お薬の服用や管理などをはじめ

体調、食事管理など体や心の健康全般の

相談ができる薬剤師を持つこととなります。

 

年配の方などは特に、複数の病院から

様々な薬を処方されているケースが実際に多く

お薬の飲み合わせなどを理解していないまま

服用してしまい危険な可能性があります。

 

そして、若い方の中でも、お薬を処方され

もらったものの効果をよく理解しておらず

副作用などが心配となり、自己判断で途中で服用を止めて

病気がしっかり完治せずに時間が経過し

病状が悪化する可能性もあります。

 

かかりつけ薬剤師】とは

そおような事がないよう

薬の専門知識のある薬剤師が

患者さん個々のお薬の管理を行って

患者さんの服用状況を把握して

薬の飲み合わせや副作用などの相談にのり

健康全般のアドバイスを行いサポートしていくという

患者さんにとって一番適切な薬による治療を目指していく制度です。

 

2016年の診療報酬の改定によって

かかりつけ薬剤師指導料

という項目が新しく決められたことで

薬局で正式な【かかりつけ薬剤師制度】がはじまりました。

 

患者さんが自分で、信頼できる薬剤師を選んでいただき

自分が現在服用しているお薬のことを

薬剤師に伝え把握してもらい

薬局営業時間外(24時間対応)であっても

何か問題があった時には

適切なアドバイスを受けることができます。

 

かかりつけ薬剤師は、担当している患者さんの

お薬を処方された医師と連携しあって

服薬状況、体調の変化などを把握して

必要があれば医師に報告や相談をします。
更に必要があれば、患者さんの家を訪れて

お薬の整理を実施していきます。

 

患者さんご本人が希望して

自身が信頼のできる薬剤師を選んでもらい

書面で同意を交わすことによって、このサービスを利用していただけます。

薬剤師 薬局 派遣

 

かかりつけ薬剤師制度を利用する上での注意点

患者さん一人につき一人の

かかりつけ薬剤師を選んでいただきます。

複数の店鋪で何人もの薬剤師を

選ぶことができませんので、注意してください。

もし他の店鋪でお薬を処方してもらった際は

【かかりつけ薬剤師】がいることを薬剤師に伝えてください。

基本的に薬局へいき、かかりつけ薬剤師を選んでいる場合は

その担当の薬剤師が受け付けます。

 

ただし、途中でかかりつけ薬剤師の

担当を変更することはできますので

何かあった時は薬局に相談してください。

 

かかりつけ薬剤師の仕事の役割として

お薬の飲み合わせの確認します。
もし他の薬局でお薬をもらった際は

必ず担当に伝えてください。

 

その他にも薬剤師は、市販薬や

健康食品の飲み合わせについても確認します。
市販薬、サプリメントなどの健康食品などを

購入している場合やこれから飲みたいと考えている場合は

その旨を自分のかかりつけ薬剤師に相談してください。

 

 

かかりつけ薬剤師にかかる費用

かかりつけ薬剤師サービスを受けた場合

[薬剤服用歴管理料(38点=380円、もしくは50点=500円)]の代わりとして

【かかりつけ薬剤師指導料(70点=700円)】負担する事になります。

 

その差額といたしましては、200円から320円あります。

患者さんの支払う金額は

そこから健康保険が適応されて

1割から3割負担となります。

 

実際の負担額

・3割負担、およそ60円から100円の差額
・2割負担、およそ40円から60円の差額
・1割負担、およそ20円から30円の差額

 

 

かかりつけ薬剤師に選べる人材

患者さん自身が信頼できる薬剤師を

かかりつけ薬剤師として選択して

サービスを受けることができますが

薬剤師であればだれでも可能ではありません。

 

この【かかりつけ薬剤師】サービスを提供する事のできる薬剤師は

ある一定以上の経験、知識(研修)が必要となっており

薬剤師が届け出をだしている必要があります。

 

そのため、調剤薬局によって様々で

限られた薬剤師しか該当しない事があったり

かかりつけ薬剤師が在籍しない薬局もあります。

 

 

かかりつけ薬剤師の条件

・薬剤師免許取得後、薬剤師として3年以上

薬局勤務経験があり且つ、その薬局に週32時間以上勤務し

その薬局に6か月以上在籍している事。

 

・医療に係る地域の活動に参加している。(地域の講演会や研修会等への参加、薬剤師として講演等の実績など)
・薬剤師認定制度認証機構が認証している【研修認定制度等の研修認定】を取得済


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。