薬剤師が職場で人間関係上手く築くコツ

 

薬剤師に限らず、様々な職場で現代人の多くの人が悩んでいます。

その原因の中で

人間関係の悩み】は尽きないものです。

 

特に精神科勤務では

多くの人が人間関係で悩んでいると言えます。

 

《職場の人間関係に疲れはてる→うつ病、パニック障害などを発症する→精神科へ》

 

という流れは精神科患者でよくあるパターンです。

 

薬剤師が人間関係で悩みやすい理由

薬剤師の転職理由の中でも

人間関係の悩み」は上位です。

 

ミスが許されない仕事内容

薬剤師の調剤業務

マンパワーであってもミスが許されない行為です。
薬剤の種類や用量を間違ってしまうと

患者さんの命を危険にさらす大変シビアな業務です。

そのため、職場は常に緊張感に包まれています。
1日2に00枚や300枚も調剤するような調剤薬局

病院の薬剤師のピリピリした空気は独特です。
このような職場は殺伐としているので

人間関係も悪化しやすい傾向です。

 

閉鎖的な空間での仕事

ドラッグストアなどは調剤業務が仕事ではなく

OTC販売など店の調剤以外の業務があります。
働く空間も広く、文系社員やパートさんやアルバイトなど

たくさんのスタッフがいますので

合わない人がいたとしても緩和されていきます。

しかし調剤薬局には逃げ場がないのです。
狭い閉鎖的な空間で仕事を行うので

人と常に顔を合わせている事になります。
調剤の業務は《ダブルチェック》が基本なので

職場でのチームプレーが大切です。

 

病院薬剤師は人事異動が少ない

大手チェーン店のドラッグストアや調剤薬局などは

一定の期間での人事異動があります。

性格が合わない人や苦手な人がいても

“半年もすれば移動する”

と思えば我慢もできます。

しかし、病院薬剤師はほとんど人事異動がない職場です。

 

人間関係の問題を抱えやすい人の特徴

薬剤師 仕事 やりがい

空気が読めない人

簡単に説明すると

相手が今どゆいう心境か想像ができない

という人です。

 

一緒に働いている同僚を不快に思わせたり

お客様、患者さんからのクレームは

空気が読めない人が多いです。

相手の気持ちを考える事は大切で

今、悲しいのか、辛いと感じているのか

怒り心頭なのか、嬉しいのかなどは

話す相手の口調や表情から感じとる事ができます。

空気の読めない人は

目の前の人の気持ちを察する能力が低いのです。

 

自分の考えが正しいと思いこんでいる人

ドラッグストアの店長によくある性格といえます。

自分が常に正論だと思っているので

部下やスタッフの意見を聞きいれようとしません。
逆に部下から注意されたりすると

尋常ではない怒りを現すのも特徴の一つです。

 

同じミスを繰り返してしまう人

毎日のルーチンワークを覚える事ができない人や

何度も同じミスを繰り返す人は

職場の空気を乱してしまいます。
仕事はスタッフみんなで上手く回していくものなので

流れを止めてしまう人は

スタッフのストレスの原因になります。

 

マナー、言葉遣いが悪い人

言葉遣いやマナーが悪い人は

人間関係のトラブルを起こす事が多くあります。

性格や内面が良い人であっても

第一印象が悪いと、それを修復していく事は大変です。

 

職場別で人間関係をうまく築くコツ

①ドラッグストア

返事、挨拶は元気よく!

ドラッグストアは体育会系な職場です。
レスポンスよく元気のある人が好まれます。

薬剤師以外のスタッフと積極的に関わる事

店長をはじめ、登録販売者や化粧品販売員

アルバイトやパートなど

ドラッグストアには様々な人が勤務しています。

給料の違いなどでぎくしゃくしないように

他の従業員と積極的にコミュニケーションをとる事が大切です。
仲良くなる事により仕事もスムーズになります。
調剤室に閉じ困らず

お客さまの前にでて接客もおこないましょう。

 

②調剤薬局

調剤薬局の職場は女性の比率が多いです。
狭い空間での業務の為

女性特有の派閥なども起こりやすい職場です。

仕事以外の話題などで

楽しい雰囲気づくりをしていく事
そして、女性が多い職場は

男女平等に扱うことが重要です。
女性はそのような事に敏感なので

一度そういった不平な雰囲気を感じると

嫌われる事もあります。

女性はわけ隔てなく接し

「褒める」を基本に接すると印象がよくなります。

 

③病院薬剤師

他の医療従事者を敬う事

病院薬剤師での人間関係のトラブルは

他の医療従事者との関係があります

とくに看護師は体育会系で忍耐強く

性格もきつい人が多いので、対応を考えましょう。

 

実際、病院での地位は

《医師→看護師→その他》となります。

看護師さんとうまく付き合っていくには

やはりレスポンスよく対応できるかです。
仕事以外の会話などで

信頼関係を築く事も大切です。

 

④製薬企業(MR)

MRは医師を相手とする仕事です。
50代以上の医師は特に

ひどいマナーの先生もいて

人に頭を下げる必要のない環境で

仕事を長年されているので

一般人と比較してかなり特なのです。

 

そして医療用医薬品は医師が

処方しない限り売上はあがりません。

そのため、医師とMRの間に

服従関係が出来上がり薬剤師は弱い立場の仕事です。

製薬会社で医師と上手く関係を築くには

「性格」です。

人を喜ばせる事に遣り甲斐を感じる

プライドが低い

怒られる事に対しあまり気にならない

医師の要望に柔軟に対応する事が可能

 

などおおらかさとメンタルが強い事が大切です。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。