薬剤師で転職するに際して、『退職理由をどう言えばわからない』といった内容の相談をよく受けます。

新卒で就職する場合以外は、以前働いていた職場を退職した理由が必ずありますよね。

もしくは、これから何か理由があって現在の職場を退職することでしょう。

どちらにせよ、今まで働いていた職場を離れる何かしらのきっかけはあったことでしょうから、この退職理由についてはきちんと口で言えるようになっておかなければなりません。

というのも、転職にあたっては絶対に面接を受けなければいけませんよね。

その際必ずといっていいほど聞かれるのが今までの職場を『退職した/退職する理由』です。

採用する人材を探す為にも様々なコストがかかります。

にも関わらず、お金をかけて得た人材がすぐに辞めてしまっては、かけた費用と労力が無駄となってしまいますから、雇用する人材をしっかり見定めなければなりません。

 

薬剤師 年収

 

企業は、優秀かつ長く勤めてくれる人材を採用したいのです。

職を変えた前歴がある以上、また辞めてしまうのでは、といった印象を持つのは当然のことです。

例えばもしあなたが今までに転職を2度行っていたとすると、その一つひとつを退職した理由について、納得のいく退職理由を回答しなければなりません。

採用する側も人間なのですから、前の職場の不満ばかり漏らしてケチをつけるような発言をしていては、「何かトラブルがあったのかもしれない」「うちの会社にもケチをつけて辞めるかもしれない」などと思うであろうことは、考えてみれば容易に想像できるはずです。

給料などの待遇が悪かっただとか、人間関係がうまくいかず馴染めなかっただとか、ネガティブな退職理由は絶対に避けてください。

退職理由はなるべくポジティブ志向な表現にすることが重要です。

例えば、元々小児科の門前薬局で働いていたけど、子供が好きでもないし、水剤や粉薬が多くて面倒、などというネガティブなことが理由だったとして、これをそのまま伝えてはいけません。

 

こういったことが理由だったとしても、ちょっと言い換えてみれば、今までは小児科だったけれど、薬剤師としてもっと幅広い知識やスキルを学ぶ為に内科の門前を希望した、など、いくらでも前向きな理由にすることができます。

前者と後者、どちらの印象が良いかは一目瞭然ではないでしょうか?

ただし、嘘を付いてはいけません。

後付でも構いませんから、あくまで前向きな表現として置き換えるだけです。

最後に、女性で結婚や出産などを理由として退職し復帰する場合などは、そのまま伝えても全く問題ありません。

前向きな転職理由を答えることが大切です。

 

兵庫県のその他洋食のグルメ情報

 


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-8-41-58
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2015-12-28-11-45-23
【業界最大手10社】求人情報を比較できる薬剤師ナビ(無料)

コメントは受け付けていません。