グループディスカッションやディベート面接

就職活動で避けては通れないもののひとつか面接です。

この面接は第二新卒の方であれ,新卒の方であれ、内定をもらうためには、必ずおこなわなくてはならない大変なことのひとつです。

この面接において、高いパフォーマンスを発揮できるかどうかということが、就活を勝ち抜き、内定をもらうことができるかどうかということも鍵になります。

面接という採用方法を利用している企業は多いですが、そのなかでもちょっと変わった面接を、採用方法として取り入れているということもあり、高い年収の企業がこのような採用方法を利用していた場合は、そこの内定をもらうためにそのちょっと変わった面接方法に対策をしておく必要があります。

 

では、具体的にどのような方法の面接があるのでしょうか?

例えば、多くの企業が採用しているちょっと変わった面接方法の1つ、グループディスカッションというものがあります。

このグループディスカッションは、実際に受けた方も多いでしょうがその他にも、ディベート面接などがあります。

この面接は、あるテーマが提示され、その人間に対し賛成と反対のそれぞれの立場を決めさせた上で、どうしてどうして反対か、どうして賛成か、などを述べさせる、ディベートをするという形式の面接です。

これは、言い負かせば良いというわけではなく、論理的に自分の意見を述べることができるか、相手の意見を聞いて、その矛盾点をきちんと突くことができるか、感情的に対応をするのではなく、冷静に議論をすることができるか、などをチェックされていると考えて良いでしょう。

その他には、プレゼン形式の面接などのよく行われるものの1つです。

この、様々な面接において行われる、プレゼン形式の面接というのは、あるテーマに対する意見も、面接官もあるプレゼンをするというもので、例えば新商品に関する、新しい施策などがあります。

ただ言葉で言うだけでなくホワイトボードを使う、紙芝居を使う、プレゼン用のソフトを使うなどその方式の様々なものがあり企業によっても違います。

この、プレゼン形式の面接を勝ち抜くにはどうすればよいのでしょうか?

まずは、そもそものアイディアが独創的であることが大事。

それによって、強い印象を残すことができ、面接官にきちんと話を聞いてもらうベースを作るのです。

また、論理的に話をしなければならないというのは、ディベート式の面接と同じです。

そのため、当日話す内容に関してはきちんと構成から考えて、計画を練っておくのが大事です。

おそらくは、事前に準備の時間を何日か与えられるはずですので、しっかりと準備をしましょう。

 

logo

就活人気サイトランキング


i_rank1_1 リクナビ


i_rank1_2 DODA


i_rank1_3 マイナビ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


Sponserdlink




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ