新卒の初任給や年収について

やっぱり、新卒だと平均的な年収になるように…できないようですね。

平均的な月給にも満たない額が、手取りでもらえるんです。

平均以下なんで、本音を言えば嬉しくないというのが本当なんですよね。

大手の企業でも、手取りは少ないようですね。

まぁ、新卒だから下に見られているのかもしれませんね。

外資系の年収じたいは、かなり高いと思います。

私には、想像できないほどなので変な書き方になってしまいました。

それならば、新卒の年収もさぞかし高いと思いますね。

それをランキングにしてみたら、どんな感じになるんでしょう。

想像できないほどなので、ランキングにしようとは思いません。

それは、私にとっては未知の世界という感じです。

新卒の年収の前に、初任給のランキングがあるみたいですよ。

 

2012年版の初任給で、高い企業っていったいどこなんでしょうね。

日本国内や外資系のところも、いろいろと書いてあります。

やっぱり、外資系の方が良いように感じますね。

新卒の年収の計算方法って、意外と難しいんです。

給料じたいも、全てもらえるわけじゃないんです。

厚生年金やその他いろいろなものを引かれてくるお金が、実際に手元にくる給料なんです。

なので、いつも一緒というわけにもいかないかもしれません。

なので、実際の年収って言っても苦手なんですよね。

なので、計算方法を見ても難しいんです。

高校生の新卒と、大学生の新卒の年収の平均を比べてみると、やっぱり大学生の方が上みたいですね。

まぁ、学歴から言って大学生の方が上なのは当たり前と言えば、当たり前なんですよね。

高校生は、大学生よりも学歴としては下なので給料もそれに見合った額になるんですよね。

諸手当の中には、営業手当があります。

営業で外まわりの仕事をすると、営業手当がつくんですよね。

新卒の年収…というか、月の給料で諸手当の一部として出るんですよね。

私は、営業職についたことがないんですけどね、外まわりはそうとう大変なんですよ。

営業は、ノルマとかあるみたいですからね。

新卒の採用方法って、いろいろな方法があったんですね。

採用する側になったことが、ないのでこんなにも採用方法があったんですね。

新卒者の採用方法がいろいろあるんです。

 

インターネットを使って、どんな採用方法があるのか調べてみようと思います。

直接、出向いての採用方法というものもあります。

求人サイトから、新卒者を採用する方法がかなりありますね。

有名どころと、無名の求人サイトの採用方法を比較してみます。

やっぱり、新卒者が集まる所が採用方法も良いと思います。

新卒の意味は、知っていたんですけどね。

今まで、第二新卒の意味がわからなかったんです。

なので、第二新卒の意味を調べましたよ。

第二新卒になるには、まずは新卒で就職している必要があるようです。

それで、数年の間に離職した20代なかばの若者達のことを指していたんですね。

logo

就活人気サイトランキング


i_rank1_1 リクナビ


i_rank1_2 DODA


i_rank1_3 マイナビ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


Sponserdlink




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ