就活する前にやらなければならない7つのポイント!

「やらなければならないこと」と「やった方がいいこと」

就活に向けて、事前にやらなければならない

具体的な7つのポイントをピックアップしました!

 

就職活動を行うにあたって、

様々な要望があることと思いますが、何事も準備が肝心です。

 

準備万端で就活を戦う為にも、

是非7つのポイントをチェックしてみましょう!

 

ここで重要なことは、

就活をする前までに「やらなければならないこと」と

「やった方がいいこと」を混同してはいけないという点です。

 

就活がはじまる前までに「やった方がいいこと」なんて

いくらでもありますし、キリがありません。

 

業界研究も自己分析も、

「やった方がいい」に決まっています。

 

ですが、物事にはすべからく

優先順位というものが存在します。

 

ここでは、就活がはじまる前に、

「絶対にやらなければならないこと」にスポットをあてて

紹介させていただきます。

 

▼就活期間中の「時間」を確保する

最も優先しなければならないのは、

時間を確保する」ということです。

 

就活前からやれ自己分析だのやれ筆記対策だの

張り切って準備することは良いことですが、

これらは就活期間になると嫌でもやることになります。

 

就活がはじまる前にしておくべきことは、

就活期間中に、どれだけの時間を就活に回すことができるのか、

就活の時間を確保することを考えなければなりません。

 

就活で失敗しがちな要因として、最も多いケースは

「自己分析をやり直している時間がない」「参加する時間がない」「間に合わない」など、

時間に関する問題です。

 

その為、最も重要なことは、

「就活に使う時間を確保する」ということです。

 

▼就活期間中の「予算」計画を立てる

予算に関する問題は

多くの就活生が陥りがちなポイントとなりますので、時間の次に挙げます。

 

就活にはお金がかかります。

 

実際に就活がはじまるとわかることなのですが、

就活では想像以上にお金がかかるものです。

 

交通費や服装は勿論のこと、

履歴書等、書類関連の費用や、

就活仲間とのお茶代・飲み代、

遠方の就活では宿泊費等も必要となります。

 

就活の費用を確保する為に

アルバイトをするというもの一つの手段ですが、

就活期間中、「時間」は非常に重要なものです。

 

就活期間中に入ってから

お金を確保する為に貴重な時間を割くということは、

非常に勿体無いことなのです。

 

また、大切な就活の期間を、

就活も、アルバイトもと、

就活に集中することができずに過ごしてしまうことは、

実に勿体無いことなのです。

 

就活が本格的にスタートする前に、

予算の計画を立てておくことは必須です。

 

現時点で予算オーバーする可能性のある場合には、

早い段階で解決方法・対象方法を確立する必要があります。

 

▼就活塾・就活予備校を選定する

就活期間中は時間を有効活用することが最優先です。

 

その為、興味の有無に関わらず、

就活塾・就活用備考等の選定を行っておきましょう。

 

就活は「情報戦」です。

 

就活で成功する為には、

必勝方法を人に聞くのが最も効率的なのです。

 

納得のいくESを完成させるのに、

独力では2日かけていても、

知っている人にコツを教えてもらうことができれば、

1社のESを完成させるのに、

30分程でできるようになることもあるのです。

 

情報収集を行うことで、

時間効率は飛躍的に向上します。

 

そして、重要なのは、

多くの学生が望む大手企業のエントリー締め切りは

非常に「早い」ということです。

 

「イマイチESが通過しない」「面接が通らない」と

悩むようになる頃には、

選考すら受けることができなくなっている企業が増えています。

 

多くの就活塾は、いつ入塾しても、

料金が変わらない場合が大半です。

 

早い時期から就活塾をチェックしておきましょう。

 

▼SNSのチェック・メンテナンス

SNSのチェックも侮ってはいけません。

 

ある一定の選考で、

あなたのSNSがチェックされる可能性は高くなります。

 

FacebookやTwitterなど、

多くのメディアからあなたの情報を集めることができます。

 

その時、印象を悪くするような記述や写真がないか、

早い段階で点検しておきましょう。

 

SNSの何気ない発言が悪印象となり

内定を取れなかったというケースも、あり得ないことではありません。

 

▼エントリーシートの作成

就活前の段階ではとてもハードルが高いものですが、

エントリーシートの作成は絶対にやらなければなりません。

 

「まずは自己分析」「企業研究や業界研究を徹底しよう」と

よく言われるかもしれませんが、

どれだけインプットしても、

それをアウトプットすることができなければ意味がありません。

 

また、アウトプットすることで、

よりインプットの精度を向上させることができるようになります。

 

エントリーシートを実際に体感することで、

「どうして自己分析をしないとエントリーシートが書けないのか」

「企業研究を怠ると、エントリーシートを書くときに何故困るのか」ということを

早い段階で実感することができます。

 

何も知らない状態でエントリーシートを書くことは

非常にハードルが高いことですが、

中途半端に自己分析を進めるよりもよっぽど効果があります。

 

まずはエントリーシートを書いてみましょう。

 

そして、就活経験者に書き上げたエントリーシートを見てもらうという工程は、

早い段階でやればやるほど、

就活力に大きな差が生じます。

 

▼OB・OG訪問

OB訪問は就活生全体のおよそ40%が行うと言われてます。

 

就活がスタートする前に、

最低でもOB訪問に3回はチャレンジしましょう。

 

何故就活をスタートする前にOB訪問をするのかと言うと、

「就職活動のリアル」をより身近に感じることができるからです。

 

就活がはじまってからOB訪問をすることは

至って普通のことです。

 

ですが、就活をはじめる前に、

事前に社会人との交流を持つことで、

格段に視野を広げることができます。

 

▼本を読む習慣を付ける

本を読む理由は3つあります。

・ES、面接の回答で、差を付ける情報が得られる。

・視野を広げる。

・就活中に頻繁に発生する「移動時間」の有効活用手段

 

就活の情報収集は偏る傾向にあり、

就活サイトや企業説明会の情報が主となります。

 

ですが、「情報の価値」の重要度を考えなければなりません。

 

周知の情報であればあるほど、

その情報の価値は下がります。

 

希少性の高い情報、

つまり皆が知らない情報であれば、

その情報の価値は高くなります。

 

たとえばダイヤモンドの価値が高いのは、

市場に対して「希少」な存在であるからです。

 

ダイヤモンドが道端に落ちていて

誰でも簡単に手に入れられるとすれば、

わざわざお金を支払って買いたいと思う人はいないでしょう。

 

人は異なる情報源から

情報を得る習慣を早い段階で身につけることが大切です。

 

本であれば、空いた時間に読むことができ、

実際に社会で活躍している人のノウハウに触れることができます。

 

東京都の鍋のグルメ情報

 

logo

就活人気サイトランキング


i_rank1_1 リクナビ


i_rank1_2 DODA


i_rank1_3 マイナビ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


Sponserdlink




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ