就活・採用試験に落ちても自分にダメ出ししてはいけない

就活:採用試験に落ちても自分にダメ出ししないこと

何をやってもうまくいかない状況が続けば、心も荒んでしまい、目の前の現実から逃げ出したい衝動にかられてしまうのである。

面接を受けても、「また、ここもダメだろう」と考えてしまっては、うまくいくはずのものでも、そうではなくなってしまうのである。

なら、その状況を楽しんでみてはどうだろうか?

面接をゲームとして捉えるのもいいだろう。

今度の面接に、赤いドレスシャツで臨んだらどうなるだろう。

それでダメなら、次はピンクに、また次の面接では、面接官を笑わせてみようか。

そのためにはどうすればいいのか。

採用を勝ち取る戦略というより、面接自体を楽しむための戦略に変えてしまうのだ。

実際には、そんな奇抜なことはしなくても、考えるだけでも、気分が高揚しないだろうか。

試験に何度も落ちてしまうと、もう受かりさえすればどこでもいいという気持ちにもなりかねない。

結果、進みたい道とは違うところからの採用通知が来てしまって、また悩むことになるのである。

採用試験に落ちたぐらい、「なんてことはない」と開き直ることだ。

自分にダメ出ししてはいけない。

なぜ失敗したのかを、よく考えてみることだ。

ただ単に、髪型が不適切だった、声が小さかっただけかもしれないし、求める側と、求められる側に多少のズレがあっただけかもしれないからである。

採用されなかった理由を、自分なりに分析してみると、案外、つまらないことで損をしていたことに、気づくかもしれない。

その理由が、自分にとって譲れない大切なことなら、むしろ、採用されなくて良かったというべきかもしれない。

「縁がなかったんだ」と気軽に考えることができれば、自分に合った会社は必ず見つかると思えるようになる。

恋愛と同じである。

何度も断られたことで、クヨクヨしなくてもいいのである。

「たったそれだけのこと」であきらめないということが重要なのだ。

人間の器が大きすぎて、就職という選択肢には合っていないのかもしれないのだ。

チャンスというものは、かくれんぼして遊ぶいたずら小僧のようなもので、こちらがあきらめて帰ろうとすると、物陰から顔を出し、笑いながら手を振っているのだ。

 

logo

就活人気サイトランキング


i_rank1_1 リクナビ


i_rank1_2 DODA


i_rank1_3 マイナビ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


Sponserdlink




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ