「内定したら来てくれますか?」と聞かれた時は 他

▼「内定したら来てくれますか?」と聞かれた時は

最終面接にかぎらず、

「内定したら来てくれますか」と聞かれることがあります。

 

私はあまり志望度の高くない会社でこう聞かれて、

困った表情をしてしまいました。

 

そして、会社に対して

申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

志望順位1位でなくても最終面接では、

ほかの会社に内定されなかったら入社する、という気持ちが必要です。

 

それが受験させていただいた会社への礼儀だと思います。

 

▼中小企業の本音

受験生にとって就活は一生のことだから、

納得のいくまでやってみたい、との気持ちはよく理解できます。

 

大企業に挑戦する意欲も大切ですし、

滑り止め受験も必要でしょう。

 

ですが、「最終面接でうちに来てくれますか」、と聞いて、

相手に戸惑われてしまっては、こちらも立場がありません。

 

せめてその時だけでも、

明快に「はいっ」と答えてほしい、というのが本音です。

 

現在の就活事情を考慮すれば許されることでしょう。

 

▼「内定承諾書」を求められた場合

企業によっては、

内々定を出した時点で「内定承諾書」を求めることがあります。

 

あとで分かったことですが、

これは経団連の「採用に関する倫理憲章」に違反しているそうです。

 

しかし、あまり気にしていない企業が多いようです。

 

私の友人にも、まだまだいろいろな会社に挑戦したいのに、

内定承諾書を求められて困っている人がいました。

 

その人は会社に対して正直に打ち明けたところ、

会社から「納得するまでやったらいい」と、

快い返事をもらうことができたそうです。

 

このような会社は、

良い会社なのではないでしょうか。

 

▼スペシャリストのアドバイス

このケースでは、

そもそも承諾書を求める企業側にムリがあります。

 

今の採用システムでは、

内々定を出しても辞退者が続出します。

 

その為、どこで採用活動を打ち切ればいいのか、

分からなくなってしまいますから、

承諾書をとりたいという気持ちは理解できるのですが。

 

内々定を出したのに、辞退されてしまうということに対して、

失礼に感じるというのは自然なことでしょうが、

学生の立場を考えてみれば、

納得するまでやらせるのが大人の態度ではないでしょうか。

 

東京都の飲食の求人情報

 

logo

就活人気サイトランキング


i_rank1_1 リクナビ


i_rank1_2 DODA


i_rank1_3 マイナビ
























Sponserdlink




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ