経営者との関わりや社員関係

中堅・中小企業は、社員が少ないので「アットホーム」な会社が多いと言われます。

全体の労働条件を吟味することが必要ですが、社員旅行などのイベントが盛んに行われているのも、優良中堅・中小企業に多いのです。

経営トップ(社長)の顔がみえ、社員に何を期待しているか、どんな人材に育ってほしいのかを直接聞く機会も多く、その分、やる気につながります。

社員の関係も少人数なだけに、濃く深いものになる傾向があります。

逆にこのことは、人間関係がうまくいかなかった場合は深刻になることもあるでしょう。

 

私はここに注目した(^―^)

もちろん大手の方が給与や待遇で優れていると思います。

給与の良さやより安定を求める学生は大手志向でいいと思います。

しかし、現在大手と呼ばれる会社も、元々は小さい会社から始まっています。

今は中小企業でも将来大企業と呼ばれる会社になっているかも知れません。

中小企業が大手企業になる成長過程のなかで働けること、貢献できること、は非常にやりがいがあると思います。

もっと中小企業に目を向けるベきだと思います。

 

(`・ω・´)採用担当者からのアドバイス

労働条件がいいことを志望動機にする学生がいる。

それもむろん大事なので理解できるのだが、それをいちばんの理由にされると面接官として違和感がある。

もっと若者らしく、仕事に対する気概やる気を聞きたいというのが本音である。

 

売上・営業利益・経常利益・当期利益と「連結」の意味

家庭には家計があるように、企業にも懐工合(ふところぐあい)があります。

お父さんの収入の多少や家計の事情によって、あなたのお小遣いの額も決まります。

社員の給料も会社の収入やさまざまな事情によって決まっています。

給料を簡単に下げることは法律で禁止されています。

固定的なものです。また、給料は会社の制度(賃金制度)にもとづいて行うのがしっかりした企業のやり方です。

お父さんの収入が増えれば、あなたのお小遣いも上げてもらえるかも知れません。

企業は利益がたくさん出たときは社員のボーナスを増やすことで対応します。

社員のその期間の頑張りに報いるためです。

家庭では老後や子供の結婚にそなえて、貯金もしなければなりません。

企業も利益をぜんぶ使ってしまうことはできません。

将来のために貯金(内部留保)することも企業は考えているのです。

 

 

logo

就活人気サイトランキング


i_rank1_1 リクナビ


i_rank1_2 DODA


i_rank1_3 マイナビ



WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'


Sponserdlink




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ