最終面接で気をつけるポイント

就職活動において、多くの方が苦労することはなんでしょうか?

新卒であれ第二新卒であれ、就職活動でおこなうことはそうは変わりません。

エントリーシートや履歴書を書くこと、そして、より年収の高い企業や待遇のよい企業を探すこと、また、面接や書類選考などといった、多くの採用方法で試験をしてくる企業の、それぞれの採用方法にあわせた対策をすること、など、人によって答えはさまざまでしょう。

そして、その就活のなかでも大変なことのひとつに最終面接があります。

この最終面接は内定の直前まで来ているために、否応なしに緊張してしまうという方が大半でしょう。

そんな最終面接に対しては、どのような準備をし、どんなことに気を付けて臨めばよいのでしょうか?

最終面接において注意しなければならないことのひとつに、最終面接では特に、熱意に関して試されているのだということも覚えておく、ということがあります。

一次面接や二次面接までは、例えば対人コミュニケーション能力や、その業界、またその会社での仕事に関する知識などを試されることも多いですが、それに対して、最終面接では特に熱意や、あるいは、その会社と雰囲気や人物が合っているか、ということが重視されます。

それは、いわゆる「面接のプロ」である人事担当者ではなく、普段は面接などは特にしない重役が行うということにあります。

 

最終面接を行うのは大抵は役員や社長です。

ここで質問されるのは、その学生の人生、あるいはそれに対する価値観なのです。

この最終面接では、優秀であるかどうか、ということはすでにこれまでの面接で確かめられているため、そういったことではなく、熱意があるかどうかということが重視される傾向にあります。

ここまで面接を勝ち残ってきた学生たちは皆優秀であるため、そういったところでしか比べられないというのも事実です。

また、重役や社長などは、普段、末端の社員の面接などはほぼしません。

ですから、ロジカルにではなく「なんとなく」、「人物的に合いそうかどうか」などの理由によって、採用を決めてしまうということが多いのです。

このようなことに注意して、最終面接に臨むのが得策です。

また、話す内容はもちろんのこと、相手はそのようにフィーリングで採用を決める傾向にあるため、印象を良くすることに力を注ぐ必要があります。

例えばハキハキとした話し方、美しい姿勢、自信に満ちた態度などは、面接などに関してノウハウのない重役に対して大きくアピールするのです。

このようなポイントに注意して、最終面接を突破してください。

 

logo

就活人気サイトランキング


i_rank1_1 リクナビ


i_rank1_2 DODA


i_rank1_3 マイナビ























Sponserdlink




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ