軽自動車の場合も、当たり前ですが、普通車と同じく車検を受けなければなりません。
軽自動車の車検はほとんど普通車と同じで、その有効期限は新車購入時から3年後、以降は2年毎の更新となります。
新車購入時から3年目、5年目、7年目、といった具合です。
また、車検の際に必要となる書類なども基本的には普通車と同じです。

ただし、軽自動車でユーザー車検に際しては、普通車の車検と異なる点が二箇所存在します。
それは、車検を受ける場所が違うことと、検査ラインにおける検査順が異なることです。
今回は軽自動車と普通車でユーザー車検を受けるにあたっての異なる二点について、重点的に解説させていただきます。
軽自動車でユーザー車検を受ける際には是非参考にしてみてください。

 

軽自動車の車検場所について

普通車の場合、ユーザー車検は自動車検査登録事務所(陸運局)で受けることになります。
対して、軽自動車は軽自動車検査協会でユーザー車検を受けることになります。
この二種類はそれぞれ近所にあるなどといったことはなく、全く違う箇所にある場合がほとんどです。
また、普通車で車検を受けるのと同じく、事前に予約しなければなりません。

 

激安車検広島

 

検査ラインにおける検査順について

普通車における検査ラインでの車検の流れとしては、『同一性の確認及び外観検査』→『サイドスリップ検査』→『スピードメーター及びヘッドライト・ブレーキ検査』→『排ガス検査』→『下回り検査』となっています。

対して軽自動車の場合、『同一性の確認及び外観検査』→『排ガス検査』→『サイドスリップ検査』→『スピードメーター及びヘッドライト・ブレーキ検査』→『下回り検査』という流れになっており、車検の最初の方に排ガス検査を受けることとなります。

 

軽自動車の下回り検査について

軽自動車でユーザー車検を受けるにあたって、おそらく一番驚くのは下回りの検査でしょう。
普通車の場合、中央が空洞となった箇所に車を動かし、検査官は地下から空洞の部分から見上げるようにチェックを行います。

対して、軽自動車の下回り検査においては自動車をリフトアップしてチェックを行います。
軽自動車はその車体重量が普通車と比べて軽い為か、自動車をリフトアップした上で、検査官が下回りの検査を行います。
確かにこの方法だと検査官は一々地下に移動する必要がない為、効率的なのかもしれません。

 

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王










コメントは受け付けていません。