車検は基本的には陸運局で受けることになります。
ですが、国民の2人に1人が車を所有している現代日本にあっては、陸運局の車検場だけではそのすべてを賄うことができません。
その為、民間で車検を行っている整備工場が存在します。

この整備工場は大きく『指定工場』と『認証工場』の二種類に分類されます。

 

指定工場とは

指定工場とは、車検整備及び検査確認をすることができる検査主任者の資格保有者が在籍しており、車検場の検査ラインに準じたテスター設備がある、国に認可された整備工場のことです。
指定工場では車を整備・点検して車検検査を行うことで完成検査終了証を発行することができます。
この完成検査終了証を自動車検査登録事務所に提出することで、新たな車検証を取得することが可能となっています。
指定工場は一般に民間車検場と呼ばれます。

 

認証工場とは

認証工場とは、整備士免許を持っている人が所属していますが、車検を行う施設を所有していない整備工場のことを言います。
車検証を取得するには自動車検査登録事務所の検査ラインを通さなければならない為、指定工場よりも時間がかかります。
ただし、その分指定工場より価格が安い場合がほとんどです。

 

整備工場のバリエーション

また、工場や認証工場などといった民間の整備工場の中にも様々な種類が存在します。
そういった整備工場のバリエーションについても簡単にですが紹介させていただきます。

 

<ディーラー(指定工場)>
車検では最も一般的な方法と言えます。
車を購入したディーラーに預けて車検を行います。

 

<自動車整備工場(指定工場、認証工場)>
言わば、「町の修理屋さん」というような整備工場で車検を行います。

 

<車検専門店(指定工場、認証工場)>
名前の通り車検を専門として取り扱う整備工場で、その多くは指定工場ですが、認証工場も一部存在します。
車検専門店は『スピード車検』と呼称される場合もあります。

 

<サービスステーション(指定工場、認証工場)>
ガソリンスタンドでも車検を受けることができます。
ガソリンスタンドには指定工場・認証工場双方存在します。

 

<カー用品店(指定工場、認証工場)>
カー用品店でも車検を行うことができます。
ガソリンスタンドと同じく指定工場・認証工場それぞれ存在します。

 

<ユーザー車検>
ユーザー自ら陸運局の車検場に車を持ち込んで車検するという方法です。
様々な車検の中でも最もコストがかからない方法ですが、全てを自分でやらなければならない分、車に関する知識が多少なりとも必要となります。

ディーラーだけではなく、車検は様々なところで受けることができます。
それぞれ点検・整備の質やコスト、期間など異なりますので、自分に合った車検を選択することが大切です。

 

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王

WP HTTP Error: cURL error 6: Couldn't resolve host 'webillion.net'

コメントは受け付けていません。