・▲被リンクローソンカード二重瞼育児ストレス

普通乗用車を購入した場合、新車購入の場合は3年目、それ以降は2年毎に必ず『車検』を受けなければならないということが義務付けられています。

この車検を行う理由としては、道路交通法により定められている公道で自動車を走行させる際の安全性を維持する為、道路運送車両法で定められている自動車の安全性を高める為といったことが挙げられますが、その他にも、重量税や自動車損害賠償責任保険料金を徴収するといった意味合いもあります。

新車の場合は3年目、以降2年目と定められていますが、中古車の場合などは異なります。

ユーザーが変わることで、販売する中古車に車検を2年付けることがあり、中古車の場合は新車とは車検の時期が異なります。

この車検できちんとした点検・車検がなされていれば、不具合さえなければ、あえて車検以外のタイミングで点検・整備を行う必要性はありません。

 

車検予約 軽

 

ただし、オイル交換など消耗品の交換は走行距離に応じて定期的に行いましょう。

自動車の点検・整備については、消耗が考えられる劣化したパーツ交換するということです。

これらの修理・交換時期は走行距離や経年数で大体のタイミングを測ることができます。

例えばタイミングベルトは、通常、経年数が10年に達するもしくは10万キロ走行した時点で交換します。

これは両方満たしたタイミングで行うというわけではなく、10年経っていなくても、走行距離が10万キロに達した場合は交換を行います。

また、走行距離が10万キロに達していない場合でも、10年経った場合は劣化を考慮して交換することとなります。

ちなみに、とんでもなく走行距離が長い場合や、事故でも起こさない限り、新車購入から3年で交換を要するということはまずありません。

ですから、普通に使っていれば、新車購入から3年目の車検は何もせずともパスできる可能性が高いと言えます。

基本的には、車検で不具合が見付かった段階で修理・交換を済ませておけば、次の車検までは点検・整備する必要性はありません。

電気系統・エアコンなどその他の装備など、車検項目にない箇所の検査もまとめて車検時に依頼することで、より安心して次の車検まで乗ることができますのでオススメします。

 

また、新車の場合は通常2年毎の車検と異なり、3年目に車検を行いますが、新車は3年間保証が付き、一ヶ月点検、半年点検、一年点検と、その車を購入したディーラーでは、無料で点検を行うことができます。

最後にもうひとつ、点検・整備をすることで利益を出しているという性質から、即時修理が必要ではない箇所など、微妙な状態でも修理項目として見積を出すケースがあります。

もし見積に疑問を感じた場合、他の業者に見積を依頼して比較することでおおよその相場を確認することができます。

 

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王










コメントは受け付けていません。