『車検』と聞くと、どうしてもお金がかかってしまうというイメージがありますよね。
車検を受ける為に必要な代金は高いと思われがちですが、どうしてこんなに高額となってしまうのでしょうか?
ということで今回は車検にかかる料金についてその内訳を詳しく解説させていただきます。

 

車検費用の内訳

車検にかかる費用は大きく三種類に分けることができます。
それぞれ、『法定費用』、『点検費用』、『整備・部品代』となっています。

 

<法定費用について>
法定費用には『自動車重量税』、『自賠責保険料』、『登録印紙代』が含まれています。
この費用はその車検でも必ず支払わないもので、コストを削ることはできません。
費用は車種などによって定められており、どこで車検を受けても金額は同じです。

 

<点検費用について>
点検費用とは、検査を受ける際に発生する費用、及び合格した際に必要となる申請書類の作成費用、陸運局に対する書類提出の費用、新車検証を発行する際に発生する費用などが含まれています。
車検を受ける場所によって、この費用を『車検基本料』などで一括りにされているケースの他、『検査手続き代行手数料』といった分類となっているケースが存在しますので、見積を取る際には気をつけなければなりません。

 

<整備・部品代について>
車検を受ける際には基準を満たすために整備・部品交換をしなければない場合があります。
その為に必要となるのが整備・部品代です。
ただ単純に車検を通すだけであればさほど高額にはなりませんが、次の車検まで2年間安全に乗ろうと思うのであれば、ある程度整備しなければなりません。

車検を受けるだけであれば法定費用・及び検査費用を支払えば済みます。
ですが必要最低限の整備くらいはしておかなければ自分の身の守ることはできません。
整備をどこまでするかは人それぞれですが、日常的に車を自分で小まめに、簡単でも構いませんから、点検・整備しておくことで整備費用を節約することができます。

 

車検 いつまでに

 

やはりネックとなるのは法定費用です。
車検にかかる費用の大半を占めているこの法定費用は、国によって定められており、必ず支払わなければならないものです。

例えば、中型の乗用車であれば、自動車重量税は37,800円、自賠責保険料は30,830円、登録印紙代は1,400円で、合計すると70,030円となります。
法定費用だけでも七万円の費用がはっせいするわけですから、ここに検査費用や整備・部品代が加わることで、けっこうな値段となってしまうのですね。

 

ですが、車検は受ける場所によってその料金がまったく異なりますよね。
何故このような事態が起こるのでしょうか?

車検を依頼するところによって費用が大きく異なるのは、整備・部品代です。
一般に多く用いられるディーラー車検では、車検を受けた後も安全に走れるように特に念入りに整備を行います。
整備工場や車検専門店などでは車のオーナーが要望する形に併せて整備をしてくれます。
ですので、車検を受ける場所によって車検にかかる費用は大きく異なるのです。
場所によって検査費用も異なりますが、これはさほど影響しない額です。

車の状態や費用と相談して車検を選んでくださいね。

 


>>激安車検ならコチラ
車検をやめて買取してもらうなら「ユーポス
トラックを一番高く買い取ってくれます「トラックの超高額買取りなら【トラック買取.com】
バイクを売るならやっぱり「バイクを売るならバイク王

A feed could not be found at http://webillion.net/kuruma-kaitori/feed/. A feed with an invalid mime type may fall victim to this error, or SimplePie was unable to auto-discover it.. Use force_feed() if you are certain this URL is a real feed.

コメントは受け付けていません。